明治大学 4 - 1 立教大学
勝:森下 敗:田中誠
本塁打:なし

明大・森下(④大分商)が立大打線を1失点に抑えて勝利し、連勝。初カードでの勝ち点を獲得した。

先発投手は明大・森下と立大・田中誠(④大阪桐蔭)の初戦と同じエース同士の顔合わせとなった。序盤は両エース共に得点圏にランナーを背負う場面はあるものの、得点を許さない投手戦となる。

ゲームが動いたのは6回表。明大の先頭打者・添田(④作新学院)が2塁打で出塁し、犠打で一死三塁とする。3番・内山(④静岡)に犠牲フライを放ち、明大が均衡を破り待望の先取点をもぎ取る。

立大・田中誠は粘り強いピッチングを続けるものの、8回表2死1・2塁から明大5番・喜多(④広陵)、6番・森下(④大分商)の連続適時二塁打で3点を失い、ここで悔しい降板となる。明大にとっては終盤での3点は貴重な追加点となる。

このままでは終われない立大は8回裏に6番・中嶋(③佼成学園)が二塁打で出塁し、内野ゴロの間に進塁し一死三塁とする。続く宮慎(③市立船橋)の内野ゴロの間に立大が1点を返す。

しかし反撃もここまで。明大・森下が4安打10奪三振の完投勝利で立大を下し、1回戦の雪辱を果たす。初戦を落とした後の2連勝で明大が勝ち点を獲得した。