TEAM
早 大
東 大
(早)○西垣、上條、徳山―小藤
◇(二塁打)福岡 ◇(三塁打)加藤 ◇(本塁打)加藤1号2ラン(3回)、2号ソロ(7回)、福岡1号3ラン(7回)

 3、4番の大活躍で東大に連勝した。早大は2回、.000の積極的走塁が功を奏し先制点を挙げると、3回に.000の今季1号2ラン本塁打で加点。さらに7回には2死から.000の3ラン本塁打と加藤のこの日2本目となるソロ本塁打で4点を入れ、ダメ押しに成功した。投げては先発・.000が7回2失点の好投。8回以降は救援陣が無失点で抑え、8-2で快勝し、今季1つ目の勝ち点を奪取した。

 先制したのは2回。2死二塁の場面で、.000の打球はショートへ。内野ゴロかと思われたが、山田の足が勝り内野安打に。するとその間、2死かつ次打者が投手ということもあり、二塁走者の檜村が果敢に本塁へ突入。「暴走気味だった」(檜村)というが、運良く一塁手の本塁送球が逸れ、先制に成功する。続く3回、2死から福岡が右中間を破る二塁打で出塁し、2死二塁の場面で加藤。ど真ん中の直球を捉えた。少しバットの先ではあったが、右越え2ラン本塁打に。「少しうれしくなってしまった」と加藤。主砲の今季1号弾でさらに2点を追加した。


2本のアーチをかけた加藤。1試合2発は自身初

 次に得点圏へ走者を進めたのは6回。この回先頭の加藤が右中間へ長打を放つと、三塁を陥れる好走塁を見せる。ここで打席には檜村。「最低でも外野フライで1点というのを意識していた」というが、浅い右飛に倒れてしまう。その後も二者が凡退し、無死三塁の好機から一転。無得点でこの回を終えた。それでも7回、2死から1番・.000が右前打で出塁すると、2番・.000が四球でつなぎ、一、二塁の好機をつくる。すると今季絶好調の3番・福岡が甘い球をしっかりと振り切り、打球は右翼スタンドへ。これが3ラン本塁打となり、3回以来の得点を挙げる。いい流れの中、続く打席には加藤。3ボールからの4球目を芯で捉えると、右中間最深部へ飛び込む本塁打に。福岡、加藤の2者連続弾で4点を追加し、ダメ押しに成功した。9回にはゴールデンルーキー.000が待望の東京六大学リーグ戦(リーグ戦)初安打を記録。得点には結びつかなかったが、今後につながる一打となっただろう。


絶好調の福岡にも本塁打が飛び出した

 先発・西垣は4回まで一人の走者も許さない完璧な立ち上がりを見せ、東大を圧倒。「自分らしく内野ゴロで打たせて取るピッチングができた」(西垣)。6回までは、無四球、被安打1という圧巻の投球を見せる。しかし、7回。先頭打者に死球を与えると、打順はプロ注目の3番・辻居新平主将(4年)に回る。すると東大きっての好打者に左越え本塁打を浴び、2点を失ってしまう。それでも後続をきちんと打ち取り、この回でマウンドを後にした。7回を投げてわずか66球という効率の良い投球であった。8回から2番手として登板したのは.000。リーグ戦初登板ながら、落ち着いた投球で東大打線を三者凡退に切って取った。9回は今季からクローザーとなった.000がぴしゃりと抑え、試合を締めた。


省エネ投球を見せた先発・西垣

 この日一番の収穫は主砲・加藤の2本塁打だろう。また、3番を打つ福岡も「きょうはしっかり打つことができ、自分の中で理想の打撃」と話したように、打撃は絶好調だ。二試合で加藤は出塁率9割、福岡は打率6割でともに4打点という圧巻の成績を残している。5番・檜村も前日には4打点を挙げており、.000と目指す『5点打線』がうまく機能していると言えるだろう。また、中川卓にも今季10打席目でようやく初安打が飛び出した。これを皮切りに安打を量産していきたい。次週は多くの選手が警戒する森下暢仁主将(4年)率いる明大との対戦だ。ここを押さえれば優勝へ大きく近づくこと間違いない。プロ注目の好投手を相手にどこまで突き崩していけるか。『ONE』になって戦っていきたい。

(記事 金澤麻由、写真 島形桜、宇根加菜葉)

黄字は打点付き               

早大打者成績
打順守備名前
(左)瀧澤虎太朗.444三ゴ 三ゴ 中飛 右安四球左飛
(二)金子銀佑.333三ゴ 遊ゴ 右安 四球二直 
(三)福岡高輝.600右安 右2 左飛 右本遊失 
(右)加藤雅樹.800四球 右本  右3中本四球 
(遊)檜村篤史.375 四球中直  右飛四球中飛 
(一)中川卓也.111 左飛 右飛 遊直四球 中安
(捕)小藤翼.300 投飛 左飛 中飛捕邪 右安
(中)山田淳平.333 遊安 捕邪  遊飛四球 
 岡本大輔.000        空三
 山野聖起.000         
(投)西垣雅矢.000 空三  左飛 二ゴ  
 吉澤一翔.000       空三 
 上條哲聖.—         
 岩本久重.000        空三
 徳山壮磨.—         
早大投手成績
名前
西垣雅矢2.57
上條哲聖0.00
徳山壮磨0.00

 

東京六大学春季リーグ戦星取表
順位 法 大早 大慶 大明 大立 大東 大勝ち点勝率
法 大    〇7-0
〇18-5
1.00
早 大    〇13-1
〇8-2
1.00
慶 大   〇4-1
〇7-1
 1.00
明 大   ●0-4
○4-3
 .500
立 大  ●1-4
●1-7
〇4-0
●3-4
 .250
東 大●0-7
●5-18
●1-13
●2-8
   .000

コメント

小宮山悟監督(平2教卒=千葉・芝浦工大柏)

――大事な1カード目を取りました

(勝ち点を)取れて良かったなという状況です。ある程度計算通りに戦えたと思います。

――2試合戦ってみて、手応えはどのように感じていますか

課題はまだまだ山積ですけど、次に向けていろいろと準備をしていきたいなと。

――先発・西垣雅矢投手(スポ2=兵庫・報徳学園)の投球はいかがでしたか

良かったんじゃないですかね。最後に点は取られましたけれども、非常に良かったと思います。

――このカード、クリーンアップにも多くの打点が付きました

はい、もう良かったと思います。

――積極的な走塁が多く見られました。あれらは選手の自主性によるものですか

とりあえず、いろいろとそれぞれが考えてということで。でもすぐに完璧なところまでは、たどり着かないと思うので。

――次週の明大戦に向けて一言お願いします

きょうよりもクオリティの高いゲームをすると。それだけです。

加藤雅樹主将(社4=東京・早実)

――本日の試合を振り返っていかがですか

勝ち点を取って初陣を飾れたので、ほっとしています。

――今季初本塁打を放った打席を振り返っていかがですか

(本塁打を)狙ってはいなかったんですけれども、少し重たいムードだったので、入ってくれてうれしかったです。

――捉えた時の感触はいかがでしたか

一本目は少し(バットの)先かな、という印象で、二本目は芯でした。こすったかなとも思ったんですが、(スタンドに)入ってくれました。

――ベースを回っている時はどのようなことを考えていましたか

一本目の(本塁打を打った)時は、少しうれしくなってしまっていたんですが、二本目の時は「たまたま。こういうことが起きる時もあるんだな」と思っていました。

――開幕直前にはご自身の仕上がり具合を「30パーセントくらい」と言われていましたが、現在はいかがですか

50パーセントくらいですかね。

――これからもっと調子が上がっていくのでしょうか

そうなれるように頑張ります。

――次週は森下暢仁主将(4年)率いる明大との対戦になりますが、そこに向けての意気込みをお願いします

(森下は)世代を代表するようなピッチャーだと思うので、対戦を楽しみながら、必ず勝てるように頑張りたいと思います。

檜村篤史副将(スポ4=千葉・木更津総合)

――きょうの試合振り返っていかがですか

自分の課題だった走塁で、少し暴走気味にはなりましたがトライした結果、あのようなかたちで先制できたので良かったかなと思います。

――その2回の先制の場面では、本塁へ突入しようとどのように判断されたのでしょうか

(三塁)コーチャーが回していたというのが一番ですが、自分にもそういう気はありました。次の打席がピッチャーだったのでそれも意識していました。

――三塁ベース手前で一度失速されていたように見えたのですが

その前にゴロをジャンプしてよけたので、その影響もあったかなと思います。

――打席結果についてどう考えていらっしゃいますか

きょうもいい感じに捉えられてはいました。ただ、加藤(雅樹主将、社4=東京・早実)が三塁打を打った後に最低でも外野フライで1点というのを意識していたのですができなかったので、そこが一番心残りかなと思います。

――次週、明大戦への意気込みをお願いします

今週は2連勝して勝ち点取れたので、来週の明大戦も2勝して絶対勝ち点取りたいです。

福岡高輝(スポ4=埼玉・川越東)

――前日勝利しての2回戦、きょうはどんな気持ちで試合に臨みましたか

きのうの勝ちは切り替えて、東大に2連勝して勝ち点を取る気で臨みました。

――連日の3安打、今の率直な気持ちを聞かせてください

2日連続3安打なんですけど、きのうときょうとでは自分の中で意味合いが全然違って。きのうは自分の中で満足のいくものではなかったんですけど、きょうはしっかり打てて自分の中で理想の打撃だったと思います。

――2打席目は理想に掲げていた外野の間を抜く二塁打でしたね

そうですね。あの打席は2球連続ボールからの3球目だったんですけど、しっかり自分のスイングで捉えることができて良かったと思います。

――4打席目には待望の本塁打が飛び出しましたね

4打席目はチームがなかなか打てていない時間だったので、あそこでしっかり甘い球を振り切ってチームに流れを持ってくることができたので良かったと思います。

――守備でも無難に3つのゴロをさばきました

そうですね。しっかり足を動かして捕れて良かったんですけど、まだバウンドが合わせられなくて危ないところがあったので、それは明大戦までにまた練習しようと思います。

――最後に、次週の明大戦に向けて意気込みをお願いします

今回の流れで明大にもしっかり勝って、最後に優勝できるよう頑張っていきたいと思います。

金子銀佑(教3=東京・早実)

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

まず勝ち点を取れたっていうことは1番大きいです。

――きれいな試合運びでしたね

打つべき人がしっかり打って、投げる人がしっかり抑えて守って、ということがこの二日間ではできたので良かったです。

――右方向への打球が目立ちましたが、意識されていましたか

きのうは左側への打球が多くて、その後からちょっと引っ張り気味だったので、きょうの試合は右に右にという意識でやりました。

――明大戦に向けて意気込みをお願いします

もう一段階も二段階も強いチームだと思うので、チーム的にも個人的にも良いかたちで試合に臨みたいと思います。

西垣雅矢(スポ2=兵庫・報徳学園)

――まずは開幕カード2連勝から入りました

きのうは早川さん(隆久、スポ3=千葉・木更津総合)や野手陣がいい試合をつくり上げてくださったので、きょうは自分もその流れに乗れるように力を出しました。結果出せて良かったです。

――きょうの試合を振り返ってみていかがでしょうか

前半は自分らしく内野ゴロで打たせてとるピッチングができたと思います。でも7回にホームランを浴びたところとかは、点差があったことに救われたのですが、援護してもらわなければ3ー2という状況になっていたはずだったので。一発で流れが変わってしまう怖さを味わったので、集中し直して厳しくやっていきたいです。

――7回先頭の死球については

上位打線が来るので厳しいボールを投げようとしたんですけど少し引っ掛け過ぎました。

――東大打線はきっかけがあると勢い付く印象がありますが

東大打線は流れができると連打が続いてしまうので、自分も気を引き締めてアウトを一つずつ取ろうと集中しました。

――本塁打を打たれてしまった球種は

ストレートです。

――しかし6回まではストライク先行の投球でした

球数も少なくできたので、打たせて取れましたし良かったです。

――その球数も1回平均10球も投げていないテンポの良さでした

あまり見極めに来なかったので、自分としては攻撃につながるピッチングを目指していました。結果として数が少なくなった感じです。

――今季の目標に掲げていらっしゃった『規定回数到達』に向け、まずは7回を投げ切りました

欲を言えばもう1イニング、2イニングを投げ切りたかったのですが、7回にホームランを打たれてしまったのが自分の甘さだと思うので。きょうの最低限はクリアできたかと思いますが、もっといいピッチングができるはずなので頑張っていきたいです。

――改めて今季の目標をお願いします

これから先は厳しい戦いになっていくと思うのですが、自分の持ち味を出したら勝てると思うので、長所を出しながら勝ちを目指したいです。