1勝1敗のイーブンに持ち込んだ。3回に四球と相手エラーで先制に成功すると、続く4回には内山竣外野手(商4=静岡)が今季チーム初の適時打を放ち追加点を挙げる。投げては3投手の継投でリードを守り切り、今季最初の白星。開幕カードでの勝ち点奪取へ望みをつないだ。


(明)○竹田、磯村、入江―篠原

(立)●中川、江口、中﨑―藤野

【安】(明)7(立)5

【二】(立)中嶋(4回)

(明)◇犠打1 竹田(3回) ◇併殺1 ◇残塁8 ◇盗塁0 ◇失策2

頼もしい下級生右腕だ。第2先発としてマウンドに上がった竹田祐投手(政経2=履正社)。「何がなんでも勝ちたかった」と、5回を投げ1失点と試合をつくる。「一個ずつアウトを取るよう心掛けた」と走者を背負ってからも要所を丁寧に締め、得点を許さず。昨年から登板経験を積み、ひと冬越えたことでさらなる成長が垣間見えた。「チームが勝てるように、そこを最優先に考えていきたい」。今後もリーグ戦を通してのフル稼働に期待だ。

 ★フレッシュリーグも開幕!★

 1、2年生によるフレッシュリーグに明大が登場した。連盟規定により8回までとなったが、4-3でリードを守り切り開幕戦を勝利で飾った。5回から二番手として登板した米原大地投手(情コミ2=八王子)が、3回をパーフェクトに抑える好投。「コースに投げ分けることができた。リーグ戦で投げられるように頑張っていきたい」と意気込んだ。打っては長南佳洋外野手(文1=八戸学院光星)が複数安打を放つなど、早くもルーキーの活躍が光った。1日も早いリーグ戦出場に向けアピールは続く。


 

 [丸山拓郎]

試合後のコメント

森下暢仁主将(政経4=大分商)

――試合を振り返っていかがですか。

 「帰寮後は何かを変えなくてはいけないなということを話し合いました。アップの段階からみんなで喋ることを意識して、試合前からコミュニケーショを取るようにしました。もう本当に明日、自分がやるしかないなという気持ちでいっぱいになりましたね」

内山

――貴重な適時打を放ちました。

 「前の打席も同じような場面で、その時は三振くらったので『やり返してやる』っていう気持ちで打席に入りました」

――明日を制せば勝ち点奪取です。

 「優勝が目標なので、明日勝って勝ち点を取れるように頑張りたいと思います」