早稲田大学 8 - 2 東京大学
勝: 西垣 敗: 小宗
本塁打:早大・加藤 1号(3回) 2号(7回)、福岡 1号(7回)/東大・辻居 1号(7回)

早大主将の加藤(④早稲田実)が2本のホームランを含む全打席出塁で打線を牽引。2連勝で勝ち点1を獲得。

スコアが動いたのは2回表。 2死2塁から早大8番の山田(④早稲田実)がショートへの内野安打。その間にセカンドランナーの檜村(④木更津総合)が好走塁をみせ、隙のない攻撃で1点を先制する。

3回表、2死2塁から早大・加藤がライトスタンドへ2ランホームランを放ち、リードを3点に広げる。

さらに7回表、2死1塁2塁から早大・3番の福岡(④川越東)がライトスタンドへ3ランホームランを放つと、続く4番加藤も今日2本目、そして2者連続となるライトスタンドへホームランを放ち、一気に4点を追加する。

東大もその裏、主将で3番の辻居(④栄光学園)がレフトスタンド豪快な2ランホームランを放ち、一矢報いる。

しかしその後も8回表に東大は失策でさらに1点を失い、リードを縮めることが出来ない。

9回表には甲子園で春夏連覇に貢献した早大・中川卓(①大阪桐蔭)がセンター前へ待望の初安打を放つなど、今後の活躍が期待される。

長打攻勢で東大を寄せ付けなかった早大が2連勝で勝ち点1を獲得。