法政大学 18 - 5 東京大学
勝: 高田孝 敗: 小林大
本塁打:法大・宇草1号(3回)、伊藤1号(3回)、2号(5回)、福田1号(4回)

法大の打線が爆発!ホームラン4本を含む計17安打18得点で連勝スタート!

先制したのは東大。1回裏、1死2塁で東大・3番辻居(④栄光学園)の今春初安打はセンター前への先制タイムリーヒットとなり、先制に成功する。

しかしここから法大の打線が爆発する。3回表、宇草(④常総学院)のホームランで逆転、伊藤(④中京大中京)のホームランでリードを広げると、4回には福田(④大阪桐蔭)、5回には伊藤(④中京大中京)の2本目となるホームランで追加点をあげる。

しかし東大も粘りを見せる。 6回裏、2死2塁3塁から井上慶(②長野)が三遊間を破るタイムリーヒット。続く奥野(②開成)も連続タイムリーとなるレフト前ヒットを放ち、2点を返す。

東大は8回、9回にも1点ずつ返し、計13安打を放つも法大打線に及ばなかった。

法大は終盤にも着実に加点し、最終的には17安打18得点と打線が爆発。
連勝での好スタートとなり、この打線の勢いのまま連覇に向けて突き進む。