5月10−12日に開催されるWRCラリーチリに、63台がエントリーした。ヨーロッパ外の遠征戦としては、2008年のラリージャパン以来となる多数の台数を集めた。

WRカー勢のエントリーは11台、WRC2プロは4台(Mスポーツのグリーンスミス、シュコダのロバンペラとブラシア、シトロエンのオストベルグ)が参戦する。WRC2は19台で、6モデルが顔を揃える他、国内戦部門への参戦が1台ある。一方で、南米各国からのエントリーは少数に留まり、ブラジルとペルーから1台ずつ、アルゼンチンから2台となっている。
(Martin Holmes)