◆2019年度関東六大学リーグ戦◆

4月7日 対早大 立大新座キャンパス

ここまで負けなし3連勝と絶好調の立大は早大と対戦。新体制ULTIMATESになり初めてのホーム開催。応援席には多くの新入生が詰めかけ勝利への期待が膨らむ。昨年度まで立大は六大戦を育成の場と位置づけ、普段あまり出場機会に恵まれない選手の「チャレンジ」の試合として挑んできた。だが、今年は違う。目標は「優勝」。そして夏に控えるリーグ戦を想定した戦いを常に意識。この日も試合に勝ち切ることを第一に力戦奮闘した。
第1Q、相手の隙を与えないパス回しに困惑し、なかなか攻めにつなげることができない。だがゴーリー・#12古谷(コ4)が好セーブを連発し、流れを少しずつ立大へと引き寄せる。すると開始9分、少ないチャンスを生かし#7折笠(観3)が先制点を叩き出す。14分には#6稲木(営4)がショットを決め2−2。接戦を予感させる幕開けとなった。第2Qに両者1点ずつ加え、迎えた第3Q。またも#12古谷が魅せる。相手シューターとの1対1のプレーで素早い反応でショットを止める。「まこさんナイス〜!」応援席も彼女を後押しする。


好セーブでチームを引っ張る#12古谷(コ4)

ゴーリーが起点となり攻撃に火がついた立大は、#6稲木が今試合3得点目をマーク。続いて2年生の注目株#90鈴木(観2)がゴールを決め、1点リードで勝負の第4Qへと進む。開始1分、相手のシュートがネットを揺らし同点に。グラウンド全体に緊迫した雰囲気が漂い始めたところで直ぐ様、#8寺西(現3)、#6稲木が連続ゴール。相手も最後まで粘りをみせ1点差まで迫られたが、何とか逃げ切り7―6で勝利。日本代表に選出されている主力選手たちが不在の中、最高学年としてチームを引っ張る#6稲木、#12古谷の活躍が、チームを勝利へと導いた。


#6稲木(営4)が得点を挙げ選手たちが笑顔で駆け寄る

試合後には皆で大きな輪になり「行け立教健児」を熱唱。グラウンドは紫の歓喜の渦に包み込まれた。破竹の4連勝とまさに「ULTIMATESの行く手に敵ぞなし」だ。残すは明大戦のみ。勝利の先には六大戦全勝優勝が待っている。しかし選手たちは「本番はリーグ戦」と口を揃え、決して驕らない。日本一の景色を追い求める彼女たちの挑戦はまだ始まったばかりだ。

(4月14日・大木紫万)