複合型卓球施設のT4 TOKYOを運営するスヴェンソンスポーツマーケティングは、現役卓球選手が所属する「スポーツマネジメント事業」を開始した。

卓球の普及への貢献を目指して事業を展開する同社は、アスリートのパフォーマンスを最大限に引き出し、勝利に繋がるようサポートを行うことを目的に、スポーツマネジメント事業を立ち上げた。

所属選手は2名。卓球男子日本代表で、スヴェンソンに所属する丹羽孝希選手がトップアスリートマネジメント事業、パラリンピック日本代表で、協和発酵キリンに所属する岩渕幸洋選手がパラトップアスリートマネジメント事業に所属する。両選手は事業の立ち上げにも参画し、現役アスリートとして活動する中で得たことを、次世代アスリートに継承できるようなマネジメントシステムの構築を目指す。

また、プロフィールや試合結果、活動情報などを掲載するマネジメント選手オフィシャルウェブ「丹羽孝希・岩渕幸洋選手 OFFICIAL WEB SITE」をオープンする。今後は、現役選手のサポートに加え、引退後のセカンドキャリア支援も行っていく。

丹羽孝希・岩渕幸洋選手 OFFICIAL WEB SITE

丹羽孝希・岩渕幸洋選手 OFFICIAL WEB SITE

丹羽孝希・岩渕幸洋選手 OFFICIAL WEB SITE

丹羽孝希・岩渕幸洋選手 OFFICIAL WEB SITE