◆平成31年度東京六大学準硬式野球春季リーグ戦◆

4月13日 対東大 立川公園野球場

春リーグ開幕。初戦の相手は東大。今までの東大は六大学の中でも格下と言われていた。しかし、今年は昨秋六大学王者早大から1勝し、力をつけてきている。主将・上原(法4)は「今までの東大とは違うという印象はあるので対策をしっかりやって、強豪と対戦する気持ちで」と試合に臨んだ。
大事な春リーグ初戦の先発を任されたのは大森(済2)。関東選手権では強力早大打線を5回無失点に抑えた期待の2年生だ。大森はこの日も好調。5回まで三塁ベースを踏ませない。ところが、6回から疲れが見え始める。東大打線にうまく繋がれ1失点。7回にはフォアボール、暴投から2アウト満塁のピンチを招き、投手交代となる。後続の松原(社3)はピンチの局面でマウンドを引き継ぐとこの回を1失点に抑え、その後は安打を許さなかった。


先発を任された大森

一方打線は初回今川のライトへの適時打で先制するも序盤はなかなかヒットが出ず、差を広めることができない。空振りが目立っていることからチームはコンパクトに打つことを意識すると、中盤からヒットを量産。5回には髙岡(済4)、上原、近藤圭(社3)、坂井(観2)の4者連続安打でこの回4得点。8回にも髙岡、上原の適時打により2点を追加し合計14安打、8得点と大量得点での勝利となった。


初回2塁打でチャンスを作った佐々木(社3)

初戦をしっかりと勝利で飾った立大。投打ともに好調だがその中にも課題が見つかる試合となった。次戦には早大打線を封じたピッチャーが先発することが予想され、厳しい戦いが予測される。関東選手権の経験からさらに強くなったチームは次戦でも勝利が期待できる。
(4月15日・澤田健人)

◆コメント◆
近藤圭悟
ー自身は3安打の活躍
最初は初めてだったので緊張してたんですけど徐々に一本出たことで緊張ほぐれてのれたかな。
ー調子の良さは
昨日のバッティング練習の時はそんなに良くなかったんですけど、今日来て結構触れてる感あって。関東選手権から今日までに自分が体壊しててその期間で休められた。
ー春リーグのチームの目標と個人の目標
チームとしては今季のリーグ戦優勝。1個も落とさず全勝でいきたいなと思ってて。自身の目標としてはベストナイン取れればなと。