前回の「肩甲骨を動かそう」では肩甲骨を閉じたり開いたりするエクササイズをご紹介しました。

今回は肩甲骨を上下左右に動かすエクササイズです。2つのエクササイズを繰り返すことで、背中周辺の筋肉が刺激されて代謝が高まるとともに、肩や首の凝り予防や姿勢改善にもつながります。

・合わせて読みたい→
しなやかな背中と腕をつくろう!「肩甲骨エクササイズ」(https://cocokara-next.com/fitness/trying-to-move-the-shoulder-blades/)


立っても座っても結構です。座って行う場合には、背もたれがエクササイズの邪魔にならないようにしてください。

1.両手を背中に回し、片方の手で反対の手の指を握ります。

2.両方をつないだままゆっくり円を描くよう動かします。初めは小さく、違和感や痛みがないかを確認しながらだんだん大きくしていきます。

3.できるだけ大きく回したら、握りをかえて同じように行います。

【監修】
スポーツクラブNAS
スポーツ健康医科学研究室
後藤 真二

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。