ついに関東女子リーグ戦(関東リーグ)が開幕した。初戦の相手は昇格組の尚美学園大。序盤からペースをつかんだア式蹴球部女子(ア女)だったが、なかなか得点を奪うことができない。それでもオウンゴールで先制すると、FW廣澤真穂(スポ1=ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)が4ゴールを挙げる大活躍。失点は許したが、5-1の快勝で、新体制初の公式戦を白星で飾った。

 4—4—2をベースとした可変式のフォーメーションを取ったア女は開始直後から主導権を握る。1分、DF中田有紀(スポ4=兵庫・日ノ本学園)のクロスに反応したFW山田仁衣奈(スポ4=大阪・大商学園)がシュートを狙うも打ち切ることができない。5分、MF並木千夏(スポ2=静岡・藤枝順心)のパスを受けた廣澤が左足でシュートを放つが、惜しくもゴール右上へ外れる。9分にはまたも廣澤が山田のロブパスに抜け出し1対1の好機をつくったが、相手GKにセーブされてしまった。その後もサイド攻撃から何度も相手ゴールに迫ったが得点を奪うことができないア女。この流れを断ち切ったのは、ここまで決定機を逃していたルーキー廣澤だった。34分、MF村上真帆(スポ3=東京・十文字)からのスルーパスを受けると、GKを抜いてシュート。これが相手DFのクリアミスを誘い、ア女はオウンゴールで先制に成功した。するとここから廣澤が圧巻のパフォーマンスを披露する。38分、自身のドリブルからサイドを崩すと中田がエリア内へクロス。混戦の中、こぼれ球を頭で押し込みリーグ戦初ゴールを記録した。その2分後にも中田のアーリークロスをうまくトラップすると、ワンタッチでゴールを決め一気に相手を引き離した。このまま無失点で前半を終えたいア女だったが、42分自陣でのパスミスから相手FWにロングシュートを決められ失点を許す。GK鈴木佐和子(スポ3=浦和レッズレディースユース)が少し前に出ていたところをうまく突かれてしまった。前半はこのまま終了。ア女は2点をリードして前半を折り返した。


初の公式戦で4得点を記録した廣澤

 後半に入っても攻撃の手を緩めないア女は58分、CKからDF船木和夏(スポ1=日テレ・メニーナ)がヘディングシュートを狙うも相手にブロックされる。その直後には山田が低弾道でシュートを放つがGKにセーブされた。68分には途中出場のDFブラフシャーン(スポ1=スフィーダ世田谷FCユース)のパスカットから、村上が豪快なミドルシュート。しかし、これも決め切ることができない。後半も前半同様、ボールを支配するも得点を奪えない時間帯が続いた。しかし、ここでも廣澤が躍動する。75分、並木のスルーパスに抜け出すと冷静にGKをかわしてゴール。見事ハットトリックを達成した。さらに廣澤の勢いは止まらず、77分には高めの位置を取っていた村上のパスを受けると強烈なシュートを決めてみせた。その後追加点こそ奪えなかったが、最後の最後まで攻め続けたア女。後半は相手にシュートを1本も打たせず、圧倒的なサッカーで開幕戦をものにした。


サイドからの攻撃参加が目立った中田

 「立ち上がりからチームとして前から(プレスに)いくということを体現できた」と手応えを口にしたMF高瀬はな主将(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18)。昇格組との試合であったが、春先の練習試合で取り組んできたことを軸に、相手にほとんど決定機をつくらせず、終始自分たちのリズムで試合を進めた。またルーキー4選手が公式戦を経験したことも好材料。特に廣澤は全得点に絡む活躍をみせ、新たなストライカー誕生を予感させた。さらにフル出場を果たした船木も、最終ラインで奮闘。新加入選手が早くも存在感を示した。しかし、まだまだ連携面に課題が残るのも事実。パスの出し手と受け手の意思疎通ができず、ボールをロストする場面が多く見られた。しかしまだ戦いは始まったばかり。「試合に勝とうが負けようが1つのことを糧にして毎日毎日成長していけるような選手でありチームであってほしい」と川上嘉郎監督(昭51商卒=神奈川・横浜緑が丘)も選手のさらなる成長に期待している。次節はアウェイでのホワイトスター戦。ア女は必ず成長した姿を見せてくれるはずだ。

(記事 永池隼人、写真 菅沼恒輝)


スターティングイレブン




第25回関東女子リーグ戦
早大3-1
2-0
尚美学園大
【得点】
(早大)34’オウンゴール、38’、40’、75’ 、77’ 廣澤真穂
(尚美学園大)43’石川朋萌
早大メンバー
ポジション背番号名前学部学年前所属
GK鈴木 佐和子スポ3浦和レッズレディースユース
DF中田 有紀スポ4兵庫・日ノ本学園
DF小林 菜々子スポ4ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
DF源関 清花スポ4ちふれASエルフェン埼玉
→86分37吉野 真央スポ1熊本・聖和学園
DF35船木 和夏スポ1日テレ・メニーナ
MF◎8高瀬 はなスポ4ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18
MF10村上 真帆スポ3東京・十文字
MF12並木 千夏スポ2静岡・藤枝順心
→81分14田中 実夏スポ4セレッソ大阪堺レディース
MF17阪本 未周スポ3大阪・大商学園
→66分36ブラフ シャーンスポ1スフィーダ世田谷FCユース
FW山田 仁衣奈スポ4大阪・大商学園
→66分11松本 茉奈加スポ3東京・十文字
FW34廣澤 真穂スポ1ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ
→81分18荻原 優花スポ3宮城・常盤木学園
リザーブ:GK16川端涼朱(スポ3)、MF19桝田花蓮(スポ2)、MF20秋山由奈(スポ4)、MF26加藤希(スポ2)
◎=ゲームキャプテン
監督:川上嘉郎(昭51商卒=神奈川・横浜緑ケ丘)

コメント

川上嘉郎監督(昭51商卒=神奈川・横浜緑が丘)

――開幕戦を終えていかがですか

勝ってよかったなと思います。

――春先の練習試合での方針は

去年の秋やインカレ決勝は負けてしまいましたが、今年はインカレ決勝あるいは皇后杯でなでしこリーグ1部のチームに勝てるように、みんなでチームをつくっていきましょうという中で、リーグ戦も踏まえて強いいろんなチームと試合をやってきました。対応力が高いチームにもあるいは自分たちより低いというかそこまでいかないチームに対してもしっかり自分たちの力を出せるようにチームで取り組んできました。あとチームの中の力が割と拮抗(きっこう)しているので、そこは4年生とも話をして意識をして、あまりメンバーを固定しないでみんなで力をつけていきましょうというところです。なので練習試合自体はいい成績かどうかわかりませんが、なでしこリーグ1部のチームとは恒常的に練習試合をできるようにしたいなと思います。そこで力をつけてもらいたいです。

――フォーメーションは4—4—2で去年とは違いますが

いわば4—4—2なんでしょうけど、それを4—1—4—1と言うこともできますし、大きくは一番後ろを5人にするか3人にするか4人にするかという話はいろいろあると思いますが、一番馴染みやすいところから入っていって、それぞれが力をつけていって、一番いいかたちはどれか何がいいかは今は決める必要はないので、一番馴染みやすいスタイルでしばらくは(やります)。ただ横に並行しているわけではなく(選手が)前にいったり後ろにいったりしていたと思いますが、結局それはすごく大事で、横もそうですし縦にもそれがないといけないです。できるだけ効果的なものが見つけられればいいなと思います。

――その中で試合中の選手同士の距離感はどうでしたか

そこが今まですごい課題だったんです。ラインコントロールをしっかりしていけるチームにしていきたいんですけど、そこがなかなか怖いんですよね。足が速いだとかそういうところをかなり経験している人がいればやりやすいんですけど、なかなかいないので。ですがこれをやらないと本当に強いチームには対抗できないので、そういう意味ではラインコントロールをしながら距離感を縮めていって、球際を強くしていくことをやれればなと。そこを目指して頑張ります。

――きょうはルーキー4選手を起用。特に廣澤(真穂、スポ1=ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)選手は全得点に絡む活躍でしたが

そうですね、練習試合でもかなり点を取っていましたし。けがをしちゃった高橋(雛、社1=兵庫・日ノ本学園)という子もそうですし、能力の高い新入生です。人数は少ないんですが、みんな力を持った人たちが来てくれたので、1年生を含めて同じようなレベルでやれているなと思います。

――これから選手に期待することは

しっかりとしたサッカーをして、それぞれが成長をしてチームとしても成長していく。例えばきょうの試合でもいいところ悪いところがあったように、試合に勝とうが負けようが1つのことを糧にして毎日毎日成長していけるような選手でありチームであってほしいです。それができると思うので期待をしています。

MF高瀬はな主将(スポ4=ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU18)

――きょうの試合を振り返って

開幕戦だったので自分としても緊張した部分があったんですが、立ち上がりからチームとして前からいくということを体現できたのはよかったかなと思います。

――春先の練習試合でテーマに挙げていたことは

守備の前からのプレスなんですけど、最初はなかなかうまくいかなくて、チームでかなり苦戦したところだったんですけど、今回だいぶいいかたちが増えてきたのでこれは続けていきたいなと思います。

――フォーメーションが去年と違いますが選手同士の距離感はいかがでしたか

去年と一応フォーメーションは違うんですけど、自分たちが試合の中でやりやすいように変則的にやっているので、うまくつくれているのかなと思います。

――攻撃面を振り返って

前半からチャンスはあったんですけど、最後なかなか決めきれないというところがあったので。でもそこは我慢して点を取るまでゴールに向かえたのはよかったかなと思います。

――廣澤(真穂、スポ1=ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)選手が全得点に絡む活躍でしたが

もう素晴らしかったです(笑)何も言うことないと思います。

――失点シーンを振り返って

時間帯的にも前半の終盤だったので、自分たちが大きいプレーをすること全体で把握できていればよかったんですけど、少し短いパスが入ってしまったので、そこはチームとして最後の終わり方の質を高められたらなと思います。

――緊張したという話がありましたが開幕戦を終えた今のお気持ちは

とりあえず開幕戦に勝てて安心なんですけど、次もこれからどんどん続くので、このまま気を引き締めて臨みたいとい思います。

――次節はアウェイでまた昇格組の相手となります

初めてやる相手なのでどんな風になるかわからないですけど、まず自分たちがやれることをやって、次の試合も必ず勝ちたいと思います。

廣澤真穂(スポ1=ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)

――きょうの試合を振り返って

チームとして始動してからまだ日が浅かったので、うまくいかなかったことが多かったのですが、きょうの試合では少しうまく連携できたと思います。

――個人としてはいかがですか

初戦で緊張したのですが、点を取ることが自分の役割だと思っていたので、絶対に点を取るという気持ちで臨みました。

――初の公式戦出場でしたが

早稲田の先輩たちは上手い方が多く良いパスがたくさん出てくるので、あとはしっかり決めるだけという感じで、これからもたくさん点を取りたいなと思いました。

――全得点に絡んでいましたが、攻撃面で意識したことは何かありますか

ゴールに向かう気持ちが大事だと考えていたので、何が何でも押し込むとか、何が何でもゴールに入れるという気持ちだけもってプレーしました。

――攻撃での連携はいかがでしたか

まだまだ合わないところがたくさんあり、そこをもう少し合わせることができれば崩して点を取ることができると思うので、しっかり合わせられるように練習していきたいなと思います。

――大学のサッカーの印象はいかがですか

気持ちが強かったり、良いチームワークで走れるチームが多く、勢いに負けそうでした。

――今後に向けて

もっと点を取ってチームの勝利に貢献できるように頑張ります。