平成31年度春季リーグ戦・開幕戦は昨秋の王者法政大学と戦った。

相手投手は昨年から主戦投手として優勝に貢献した三浦投手。 初回は変化球主体のピッチングに押され三者凡退に終わる。 東大の先発は宮本(4年/土浦一)。 ワンアウトからヒットと四球で満塁とし、犠牲フライで先制を許してしまう。 直後の2回表、すぐに反撃したい打線は、武隈(3年/鶴丸)が四球で塁に出るも、併殺打で得点には結びつかず。 2回裏は守備の乱れもあり、宮本がKO、初登板となった坂口(4年/日比谷)が好リリーフを見せた。 しかし、3回から登板した小林大も立て続けに点を奪われ4回終了で0-6と大差をつけられてしまう。 打線は5回表、代打青山がようやく今季初ヒットを放つも、3投手の前に2安打に終わり、完封負けを喫した。 4投手が初登板を果たした投手陣だが、12四球とリズムに乗れなかった。

一夜明けて迎える2回戦は打線の復調に期待したい。

(東京大学運動会硬式野球部)