陸上:世界選手権代表選考会兼日本選手権50キロ競歩(14日、日本陸連公認コース・男子50キロ)

陸上の日本選手権50キロ競歩は、今秋のドーハ世界選手権の代表選考会を兼ねて、石川県輪島市の周回コースで行われた。男子20キロ競歩世界記録保持者の鈴木雄介が、3時間39分7秒の日本新記録で優勝。20キロに続き、50キロでも日本記録をマークし、世界選手権の代表に内定した。

競歩2種目で日本記録保持者となった鈴木。世界選手権代表にも内定したが、出場するかどうかはコーチらと相談して決める。回避して東京五輪に専念するのかは、現時点での名言を避けた。