<写真・点を決め、喜ぶ選手たち〉

 

 4月14日、兵庫大学体育館にて、平成31年度関西大学バレーボール連盟春季リーグ戦女子2部第1戦が行われ、大大谷大にセットカウント3-0で勝利した。

 第1セット序盤で5点をリードされるも、佃友(人2)のスパイクから4連続得点で流れをつくる。その勢いに乗り、桑岡(社3)が強烈なスパイクを決めると、そのまま6連続得点で逆点。競り合う展開に粘り勝ち、25-20で第1セットを獲得。続く第2セット、横谷(法1)や福井(社1)の新星が光った。1年生ながら、鋭いスパイクやブロックでチームに貢献。全員で果敢に攻め続け、25-16で第2セットを獲得した。第3セットも序盤から連続得点でリードを広げ、25-11の大差で圧倒。セットカウント3-0のストレート勝ちで、春季リーグ戦は白星で開幕となった。

    次戦は4月21日、武庫川女子大学にて第2戦が行われ、関学は兵庫大と対戦する。

試合後のコメント

有元里織主将(教4)「率直にうれしい。開幕戦に苦手意識があったが、きょう勝てたことで自信がついた。21人全員で戦えた結果だと思う。特に、1年生の横谷と福井がよく頑張ってくれた。少しはスローガンである『Piece To Unite』を体現できたと思う。次戦の兵庫大戦も、総力戦で戦って勝ちたい」