<写真・笑顔でベンチに戻る瀧本>

   

 4月13日、滋賀県皇子山球場にて2019年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節(対近大1回戦)が行われた。

    関学の先発は前戦に続いて黒原(社2)。1回と2回を無得点に抑えるも、3回に三連打を浴び、2点先制を許す。その後5回に追加点を許し、降板する。続いて登板したのは第1節2戦目に負傷退場した小田(経4)。6回を無失点に抑えた。だが、7回に3安打を許し、2失点。近大打線を相手に粘り切れなかった。続いては加藤(社2)、松田(経4)の継投。9回まで無失点に抑えた。一方の打線は、中内(経4)や蔵本(経4)の安打で出塁するも得点にはつながらず。4回まで無得点に終わる。だが、続く5回に代打で出場した瀧本(経3)が沈黙を破る本塁打。1点を返した。だが、その後再び打線は沈黙。追加点を奪うことはできず、1-5で敗北した。

   次戦はあす、同会場にて第2節対近大2戦目が行われる。

【近大】○村西-井町

【関学】●黒原、小田、加藤、松田ー板倉(教4)

[本塁打]関学:瀧本

[三塁打]近大:谷川

[二塁打]近大:竹村

  

試合後のコメント

中内理貴主将「完敗です。立命大戦の重い雰囲気を引きずったまま切り替えられていなかった。次負けたら、自力優勝の可能性がなくなる。失うものはない。全てを出し切るつもりで、勝つことだけを考えて戦いたい」

河原誠学生コーチ(法4)「今までと同じようなアウトの取られ方をしていた。選手のなんとかしようという気持ちが足りない。これからは負けられない戦いになる。チャレンジャーという気持ちで臨みたい」