“藤野立教”の幕開けだ!昨秋の5位から半年、オフでは主将・藤野(営4=川越東)を中心に、チーム全員が歯を食いしばり続けた。さらにニューフェイスも戦力に加わり、4季ぶりのリーグ戦優勝へ準備は整った。この記事では昨シーズンまでや今オフでの調整・成績を基に、そんなナインの戦力を分析する。
「自分の結果にこだわって戦っていきたい」。
正統派右腕・手塚は2戦目先発が濃厚

正統派右腕の手塚(コ4=福島)はこの冬、2戦目の先発を見据えて調整したという。投手王国と言われる立大で、2年前のリーグ優勝時はもちろん、長く2戦目の先発を担ってきた。しかし、昨季は不調からリリーフでの登板がほとんど。「優勝に絡む試合には全て出させていただいて、その中で結果が出なかったことは悔しかった」と振り返る。
そこで、この冬はフォームを大幅に修正。2戦目先発への復活を目指し「長いイニングを投げることができる」投球術を磨いた。
この春は、2年前の3勝を超える「4勝」を目指す。「第一はチームですが、自分の結果にもこだわって一戦一戦やっていきたい」と気合十分だ。


昨季はリリーフを中心に登板した

昨春は3試合連続本塁打のスラッガー
昨年の春季リーグから立大打線の中核を担う。慶大主将で正捕手の郡司(4年=仙台育英)が、「怖い」と恐れるほどの豪快なスイングが持ち味。かぶっているヘルメットがずれるほど思い切りのいいスイングに、観客からは驚きの声が上がることも。
デビューは昨年春。開幕カードである早大2回戦で、自身初の本塁打を放つと、次カードの法大1、2回戦でも本塁打を放ちその名をとどろかせた。だが昨季は調子を崩し、スタメン落ちを経験。悔しさを糧に、この冬は「強いボールを打つための土台作り」を1からやり直したという。その成果として、昨日の社会人対抗戦ではマルチ安打を記録。リーグ戦に向けて調子は上向きだ。
今季の目標は「10打点越え」でチームの勝利に貢献すること。主砲復活なるか、期待がかかる。


昨春は4番として出場した

守備職人・宮はバッティング絶好調!
宮慎(コ3=市立船橋)は、高い守備力を買われての起用ということもあり、昨年までは下位打線に回ることが多かった。しかし、ここ最近は打撃が絶好調。オープン戦や社会人対抗戦で1、2番を任されている。「(打撃が)やっと自分の形になったなっていう。打席に立っていて、感覚が今までと違います」と手応えを感じている。
この春は二塁手としての出場が予想され、笠井(済4)との二遊間にも注目したい。


社会人対抗戦ではマルチ安打で勝利に貢献した

熾烈な外野手争いを制した俊足強打者
「オールマイティーな選手」と溝口監督(98年度卒=湘南)が期待を寄せるのが太田(コ2=智辯学園)。昨季リーグ戦初出場を果たすも「大学生の洗礼を浴びたというか、悔しい印象しかないです」と振り返る。だがオープン戦などで実践を重ね、調子は上向き。熾烈な外野手争いを勝ち抜き、今季はスタメンでの出場が予想される。目標は「全試合スタメンで出場して、優勝に貢献すること」。


俊足強打を誇る太田

(文・内村彩香)