写真:丹羽孝希/撮影:ラリーズ編集部

4月13日、2019年世界卓球選手権ブダペスト大会(個人戦)日本代表選手団の公開練習が、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、男子代表選手が意気込みを語った。

水谷隼(木下グループ)

前回2回戦で張本(智和)に負けて悔しい思いをしたので、今回は同士討ちしたくないですね。中国選手にも勝っていかないといけない。
勝つポイントとしては、ラリーになったらどうしても中国のほうが強いので、サーブ・レシーブの時点で仕掛けていく必要があります。今日はチキータやYGサーブなどの練習も多く行いました。

今、オリンピック代表選手争いの最中ですが、自分はアジアカップには出場しなかったので遅れをとっている分、今回の世界卓球で巻き返さないといけない。
一戦一戦、新しいサングラスの力も借りて集中して臨みます。




写真:水谷隼/撮影:ラリーズ編集部

張本智和(木下グループ)

混合ダブルスの辞退については、病院の帰りに(倉嶋)監督と話し合いました。石川(佳純)さんと吉村(真晴)さんにお世話になりますけど、自分はシングルスに集中させてもらおうと思います。

コンディションはまだ万全とは言えませんが、けがをしてからまだ練習2日目なので、力を入れすぎないでやっています。

世界卓球は、オリンピック代表選考に影響することは勿論ありますが、これ自体ひとつの大きな大会なので、やはりメダルを取りたいです。中国選手に勝つには、彼らのように、試合で練習以上の力を出すことが必要だと思っています。




写真:張本智和/撮影:ラリーズ編集部

丹羽孝希(スヴェンソン)

アジアカップ3位決定戦で勝って3位になれたことは良い自信になりました。これまで回り込みを多く使っていて、フォア側を狙われることが多かったので、バックハンドを増やしたことが強化につながっています。

オリンピックが近い分、気合が入っています。シングルスでメダルをとることが目標です。国内ランクでは2番手なので、そこを守り切りつつ、できれば張本選手にも勝ちたい気持ちもあります。まずは世界卓球でベスト4目指して頑張りたいです。

今年は、去年までと違った自分で、たとえ先に点差をつけられても負けない気持ちで、気合いを入れて臨みます。




写真:丹羽孝希/撮影:ラリーズ編集部

文:大塚沙央里(ラリーズ編集部)