フィギュアスケート世界国別対抗戦 女子SP(11日、マリンメッセ福岡)

グランプリファイナル女王の紀平梨花が自身の持つSP世界最高得点を更新する83.97点で首位発進となった。冒頭のトリプルアクセルを成功させ、続くジャンプも着氷。続く3回転フリップから3回転トウループの連続ジャンプ、後半の3回転ルッツも難なく着氷した。圧巻の演技後には笑顔でガッツポーズを見せた。

また、全日本女王の坂本花織は3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプ、続くダブルアクセル、演技後半の3回転ループと次々と着氷。自己ベストを更新する76.95点で3位に入った。

女子フリーは13日に行われる。