格闘技イベントRIZINの榊原実行委員長が9日、都内で会見を開いた。4月21日に横浜アリーナで開催されるRIZIN15大会で、ボクシング6階級制覇王者で現WBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオが試合をするわけではなく、パッキャオが推薦する選手が那須川天心と対戦すると発表した。

前日8日、榊原実行委員長は自身のツイッターを更新し、フィリピンでパッキャオと会っていたことを報告。「メイウェザーに続き、RIZIN15ではこの男と新たな仕掛けを行います。帰国したらすぐに発表しますので、楽しみにしていてください」と発信し、話題となっていた。

会見では、榊原信行実行委員長が「パッキャオが参戦するってことではない」と説明。また、パッキャオはビデオメッセージで推薦する選手を紹介するとともに「この試合を見届けに横浜アリーナに行く。そしていつかRIZINのリングで戦えたら良いと思っている」とし、参戦の意欲を示すに留まった。

パッキャオが推薦する現役ボクサーは、フライ級フィリピン王者のフリッツ・ビアグダンで、那須川とはキックボクシングルールで対戦する。