写真:樊振東(中国)/撮影:ラリーズ編集部

<LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2019(横浜文化体育館) 2019年4月5日~4月7日>

7日、卓球アジアカップ2019は大会最終日を迎え、男子決勝戦が行われた。

決勝戦は、樊振東(4月度世界ランキング1位・中国)とリオ五輪金メダリストの馬龍 (同11位・中国)の対戦になったが、4-2で樊振東に軍配があがった。会場にどよめきが起きる好ラリーが数多く見られたが、最後は樊振東がバッククロスのラリー展開からストレートのコースを打ち抜いた。

今大会は丹羽孝希(同8位・スヴェンソン)が3位、張本智和(同4位・木下グループ)が4位と中国2選手につける位置で大会を終えている。

張本のけがの様子を心配する声も出ているが、21日からハンガリーで行われる世界卓球選手権では中国の壁を崩せるか注目が集まる。

アジアカップ2019 男子決勝戦結果

〇樊振東(中国) 4-2 馬龍(中国)
9-11/12-10/9-11/11-7/11-8/12-10

アジアカップ2019 男子ランキング

1位:樊振東(中国)
2位:馬龍(中国)
3位:丹羽孝希(スヴェンソン)
4位:張本智和(木下グループ)
5位:林イン儒(チャイニーズタイペイ)
6位:グナナセカラン(インド)
7位:李尚洙(韓国)
8位:黄鎮廷(中国香港)


文:ラリーズ編集部