横浜ゴムは、2019年のモータースポーツ活動計画を発表。今年もトップカテゴリーからグラスルーツカテゴリーまで国内外の多岐にわたるレースに参戦していく。

2016年からワンメイク供給を開始した全日本スーパーフォーミュラ選手権では、新型車両「SF19」が導入される2019年もADVANレーシングタイヤの継続供給が決定した。2018年に引き続きミディアムコンパウンドと、ソフトコンパウンドの2スペックタイヤを供給する。供給タイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。タイヤサイズはフロント用が270/620R13、リア用が360/620R13。

2011年からワンメイク供給を開始した全日本F3選手権にも引き続きADVANレーシングタイヤを継続供給し、日本で最も長い歴史を有するこのカテゴリーの足元を支える。供給するタイヤはドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」。タイヤサイズはフロント用が200/50VR13、リア用が240/45VR13。

2018年よりスタートしたワールドツーリングカーカップ(WTCR)には、昨年に引き続き、ワンメイクサプライヤーとして、ドライ用の「ADVAN A005」とウェット用の「ADVAN A006」を供給。タイヤサイズは250/660R18。今年は、モロッコ戦を皮切りに世界を転戦し、全10大会が予定されている。また、2019年から初開催されるTCRジャパンシリーズにもADVANレーシングタイヤをワンメイク供給する。

SUPER GTは、GT500で2018年に引き続きKONDO RACINGの「リアライズコーポレーション ADVAN GT-R」、LEXUS TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport ADVAN LC500」、TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」の3チームをサポート。GT300でも、ヨコハマタイヤユーザーを支えていく。

そのほか、欧州ではニュルブルックリンク24時間レースを含むVLN耐久選手権、北米ではポルシェGT3カップチャレンジUSA、ポルシェGT3カップチャレンジCANADA、日本で行われるインタープロトシリーズなど世界各地のレースや参加車両にADVANレーシングタイヤを供給する。

全日本F3選手権(2018年)

全日本F3選手権(2018年)

WTCR(2018年)

WTCR(2018年)

SUPER GT/GT500の2019年参戦車両:KONDO RACINGの「リアライズコーポレーション ADVAN GT-R」

SUPER GT/GT500の2019年参戦車両:KONDO RACINGの「リアライズコーポレーション ADVAN GT-R」

SUPER GT/GT500の2019年参戦車両:LEXUS TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport ADVAN LC500」

SUPER GT/GT500の2019年参戦車両:LEXUS TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport ADVAN LC500」

SUPER GT/GT500の2019年参戦車両:TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」

SUPER GT/GT500の2019年参戦車両:TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」

全日本ラリー選手権:新井敏弘選手/田中直哉選手の「富士スバルAMS WRX STI」(2018年)

全日本ラリー選手権:新井敏弘選手/田中直哉選手の「富士スバルAMS WRX STI」(2018年)

全日本ラリー選手権:奴田原文雄選手/佐藤忠宜選手の「ADVAN-PIAA LANCER」(2018年)

全日本ラリー選手権:奴田原文雄選手/佐藤忠宜選手の「ADVAN-PIAA LANCER」(2018年)

全日本ジムカーナ選手権:PN-1クラスシリーズチャンピオンの「ADVAN 40thロードスター」(2018年)

全日本ジムカーナ選手権:PN-1クラスシリーズチャンピオンの「ADVAN 40thロードスター」(2018年)

全日本ダートトライアル選手権:D部門シリーズチャンピオンの「ADVANトラストクスコWRX」(2018年)

全日本ダートトライアル選手権:D部門シリーズチャンピオンの「ADVANトラストクスコWRX」(2018年)

全日本カート選手権OK部門のシリーズチャンピオン獲得車両(2018年)

全日本カート選手権OK部門のシリーズチャンピオン獲得車両(2018年)