写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2019(横浜文化体育館) 2019年4月5日~4月7日>

6日、横浜文化体育館で開催されている卓球アジアカップ2019は大会2日目を迎え、プレーオフが行われた。プレーオフでは、予選リーグA、B、C各組の3位選手とD組1位の選手が準々決勝残り2枠を争う。

平野美宇が陳思羽をシャットアウト

前日の予選リーグでA組3位となりプレーオフに回った平野美宇(日本生命・4月度世界ランキング9位)は、陳思羽(チャイニーズタイペイ、同24位。Tリーグ・日本生命レッドエルフ所属)と対戦。

日本生命レッドエルフのチームメイトである両者の対決は、お互いの球質やクセを知っているため、激しいラリーの応酬が予想された。しかし蓋を開けてみれば、サーブレシーブで主導権を握った平野が、ラリーになる前の速い段階で得点を重ねストレート勝ち。準々決勝進出を決めた。

アジアカップ2019 男子プレーオフ結果

ゲラシメンコ(カザフスタン) 1-3 〇グナナセカラン(インド)
13-11/7-11/8-11/6-11

スパナット(タイ) 0-3 〇林昀儒(チャイニーズタイペイ)
7-11/5-11/5-11

アジアカップ2019 女子プレーオフ結果

陳思羽(チャイニーズタイペイ) 0-3 〇平野美宇(日本)
5-11/2-11/7-11

リン・イエ(シンガポール) 0-3 〇鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
7-11/6-11/10-12


文:ラリーズ編集部