今シーズンのMIP(最成長選手賞)候補は粒ぞろいだ。

 昨季の平均7.3得点から今季は平均16.8得点まで向上させたパスカル・シアカム(トロント・ラプターズ/PF)や、成績が下がりがちな2年目のジンクスを跳ね返して平均得点17.5得点(昨季11.6得点)・平均7.3アシスト(昨季4.4アシスト)をマークしているディアロン・フォックス(サクラメント・キングス/PG)などがMIP有力候補と言われている。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。



ブルックリン・ネッツでついに才能を開花させたディアンジェロ・ラッセル

 しかし、「もっとも成長した」というフレーズが似合うのは、やはりこの男だろう。平均21.0得点(昨季15.5得点)・平均7.0アシスト(昨季5.2アシスト)の好成績を記録し、リーグ4年目にしてオールスター初出場を果たしたディアンジェロ・ラッセル(ブルックリン・ネッツ/PG)だ。

 現在23歳のラッセルは、プロ入り前から将来を嘱望されるプレーヤーだった。

 モントヴェルデ・アカデミー高校時代は、ベン・シモンズ(フィラデルフィア・76ers/PG)とともに2年連続で同校を全米王者に導き、オハイオ州立大学では1年生ながら平均19.3得点・5.7リバウンド・5.0アシストを記録。それら堂々たる成績を引っ提げて、2015年のNBAドラフトにアーリーエントリーした。

 高いシュート力と広い視野を持ち、身体能力に頼らないタイミングとリズムでディフェンスを抜き去る独特のスキルを合わせ持つ。PGとSGの両方をこなす左利きのコンボガードは、カール=アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ/C)に次ぐドラフト1巡目全体2位でロサンゼルス・レイカーズに指名された。

 2015-2016シーズン、注目のルーキーイヤー。ラッセルは平均13.2得点・3.3アシストというまずまずの成績を残し、オール・ルーキーチーム・セカンドチームに選出される。

 しかしチームやファンは、”まずまず”の成績では納得しなかった。なぜならば、ラッセルのデビューイヤーは、「コービー・ブライアント(SG)のラストイヤー」となったメモリアル年。ラッセルが期待されたのは、「コービーの後継者」になることだったからだ。

 2017年3月、プロ2年目のラッセルはクリーブランド・キャバリアーズ戦で40得点を記録。それまでレギュラーシーズンで40得点以上を記録したレイカーズの最年少記録は、コービーの持つ22歳105日だった。ラッセルは21歳24日でこの記録を塗り替え、才能の一端を垣間見せた。

 ところが、ラッセルはチーム内で徐々に孤立していくことになる。練習態度の悪さやセットプレーを覚えない姿勢などが目立ちはじめ、コーチ陣から再三指摘されるようになったからだ。

 そしてついに、ラッセルがチームから完全に孤立する事件が起きる。当時のチームメイトだったニック・ヤング(SG)とホテルで談笑しているシーンをラッセルは隠し撮りし、それを知らずに浮気したことを話すヤングの動画がネットに流出したのだ。どういう経緯でその動画が流れたのかは不明だが、ラッセルは裏切り者と呼ばれ、チームから完全に浮いた存在になってしまう。

 2年目のオフ、球団社長であるマジック・ジョンソンは決断する。

「ラッセルはオールスターになれる素質を持っている。だが、我々が必要としていたのはリーダー。チームメイトから『一緒にプレーしたい』と思わせる人材だ」

 結果、ラッセルはブルックリン・ネッツへ放出されることになった。

 移籍先のネッツは当時、チーム再建の真っ只中だった。しかも、ラッセルは移籍して初のチームミーティングで、ケニー・アトキンソンHCから「お前を(将来の)フランチャイズプレーヤー(※)として獲得したわけではない。もちろん、そうなる可能性はある。それは、これからのお前次第だ」と宣告される。レイカーズ時代のラッセルなら、ここでクサっていてもおかしくなかった。

※フランチャイズプレーヤー=長期にわたって同一チームの第一線で活動し続ける選手。

 しかし、自分の置かれた状況を理解したラッセルは、この日から努力を重ね、少しずつ、そして確実に成長していった。

 もちろん、それはすぐに成績に結びついたわけではない。移籍1年目となった2017-2018シーズンはひざの手術を受けたこともあり、不完全燃焼に終わった。

 シーズンが終わると、ラッセルは本格的な肉体改造に取り組んだ。さらに、尊敬するレブロン・ジェームズ(レイカーズ/SF)にもアドバイスを求めた。レブロンはラッセルにこう助言した。「毎試合、精神的な準備をしてゲームを支配しろ。そうすれば、チームメイトはついてくるだろう」。

 そうして迎えたネッツ2年目の今季、ついにラッセルは覚醒する。平均20.8得点・7.0アシストはどちらもキャリアハイで、シュート成功率43.1%や3ポイントシュート成功率36.0%も、プロ4年間で最も高い確率である。

 シーズンを通して好調を維持するラッセルは、ビクター・オラディポ(インディアナ・ペイサーズ/SG)の代わりでオールスターゲームに初出場を果たす。また、3月19日のキングス戦では第4クォーターだけで27得点(計44得点)を挙げ、28点差をひっくり返す大試合の立役者にもなった。

 現在、ラッセルが牽引するネッツはイースタン7位で、4年ぶりとなるプレーオフ進出の当落線上にいる。しかし、試合の大事な局面になればなるほど、プレーの質が高まるのが今のラッセルだ。

“Ice in my veins(俺の血管には氷が流れている)”

 クラッチシュートを決めたあと、ラッセルは「Ice in my veins」と叫びながら、前腕を指差すシュートセレブレーションを披露する。これは、父親から言われた「感情を出さず、血管に氷が流れているように冷静にプレーしろ」というアドバイスが源流だ。

 残りのレギュラーシーズン、そしてプレーオフと、クラッチシュートを決めたラッセルのシュートセレブレーションを目撃するシーンは、さらに増えるはずだ。