不思議と勝敗を巡るポイントがこの選手の前にやってくる……。野球の世界には、時にそんなキープレーヤーが現れる。

 今春の選抜高校野球大会(センバツ)でベスト4に食い込んだ習志野(千葉)の場合、ショートの角田勇斗(かくた・ゆうと)がそうだろう。



準々決勝の市和歌山戦では3安打を放った習志野・角田勇斗

 センバツで習志野の試合を見た野球ファンならば、誰もがこの選手の守備力にうならされたのではないか。打球への入り方が常に一定で、送球も安定した遊撃守備は、とても高校2年生とは思えない。

 初戦の日章学園(宮崎)戦では、目の前でイレギュラーバウンドになり、高く弾んだ打球に瞬時に反応。見事捕球して、場内を沸かせた。

「サイン盗み疑惑」で騒然となった2回戦の星稜(石川)戦では、2対1とリードした8回裏に投手の飯塚脩人との見事な連係で二塁牽制を決め、追いすがる星稜の息の根を止めた。

 打っても日章学園戦では1回裏に試合の流れを決定づける、満塁の走者一掃の3点三塁打。星稜戦では奥川恭伸の前に4三振も、1対1の7回裏に三塁線を抜ける一打(記録は三塁手の失策)を放ってチームに決勝点をもたらした。準々決勝の市和歌山戦では3番を任され、5打数3安打2盗塁と暴れ回った。

 とくに星稜戦の二塁牽制は鮮やかだった。試合後、さらに驚かされたのは、このプレーがサインではなく、飯塚と角田の間での「アイコンタクト」で敢行されたと角田が明かしたことだ。

「二塁牽制は1年間通して練習メニューに入っていて、(部長の)石神(康太)先生から試合前に『あれだけ練習してきたんだから、1個くらい刺せよ』と冗談めかして言われていたんです。ブロックサインではなくて、飯塚さんの目が『狙っているな』という雰囲気の目だったので、8回のシーンは投げるとわかりました」

 角田は試合序盤から、星稜の二塁ランナーを観察して「リードが大きい」「少しボーッとしている」と感じていた。それでも、習志野は5回に二塁牽制を一度入れた以外は8回裏まで二塁牽制を試みることはなかった。角田はその理由を説明してくれた。

「二塁牽制はあまり頻繁にやるものじゃないと思うので。ここ一番で決めてやろうと思って、それまでは多少リードが大きくても我慢しようと考えていました」

 結果的に、投手の飯塚が二塁ランナーの足が伸びる位置にピンポイントで投げ込み、星稜は得点圏のランナーを瞬時に失った。習志野の石神部長が「練習でもあんなにきれいに決まったことがない」と驚いた一撃必殺の二塁牽制で、習志野は勝利を決定づけた。一役買ったのは、気配を消してスルスルと二塁ベースに入った角田だった。 

 角田は身長174センチ、体重68キロ……と公式パンフレット には載っているが、実物を目の前にするととてもそれだけの大きさには見えない小柄な選手だ。角田は「守備は誰が見ても完璧と言われるようになりたい」とこだわりを語る。

「一歩目を早く切ることを大事にしています。左右どちらにでも動けるように力を抜いて、バッターのインパクトの瞬間は少しだけ飛んでいます。これは源田(壮亮/西武)選手の考え方を参考にしました。源田選手や小園(海斗/広島)選手の動画を見て、マネしています」

 その守備力は、幼少期に2歳上の兄によるノックで培われたという。

「家の近くに小学校のグラウンドがあるんですけど、ほとんど毎日、ヒマさえあれば『行くぞ』と兄に言われてノックを受けていました。当時は正直に言ってイヤイヤでしたね(笑)。兄は打つだけで、ノックを受けるのは僕だけだったので。でも小学校1年から4年生にかけてずっと受け続けたので、そこでだいぶうまくなったと思います」

 角田は2年生とはいえ、堂々たるキャリアを積んできている。小学6年時にはNPB12球団ジュニアトーナメントのロッテジュニアに選出され、中学では佐倉リトルシニア(千葉)の主力として活躍。ジャイアンツカップ優勝など、何度も全国舞台を経験した。

「佐倉シニアで下級生の頃から一緒に試合に出ていた度会(隆輝/横浜高)や西川(僚祐/東海大相模)はもう注目されているので、刺激になっています。悔しい気持ちもありますが、負けないようにやっていきたいです」

 常に勝ち続けてきた経験から、角田はチームに勝利を呼び込む仕組みを肌感覚で理解しているのかもしれない。だからなのか、角田は不思議なくらい勝負どころで力を発揮する。

 星稜戦では、途中まで「休眠状態」だった。奥川の前に3打席連続三振を喫し、守備でも「絶対捕れる打球」を後ろに逸らし(記録は安打)失点につながっていた。

 打っても守っても思うようにいかない。だが、角田が意気消沈することはなかった。

「自分が落ちたらチームの士気が下がりますし、大事なのは勝利なので。『今日は仕方ない』とバッティングも守備も引きずらずに開き直りました。消極的になって、思い切りがなくなるのが一番よくないことなので」

 こんなプラス思考が結果的に勝負どころでの好プレーにつながり、チームに勝利をもたらした。

 習志野はエース・飯塚が好調を維持するものの、いまだ「サイン盗み疑惑」の余波はぬぐえず、中心選手の根本翔吾も死球を足に受けた影響で万全にはほど遠い。

 そんな逆境を跳ね返すためには、間違いなく攻守にラッキーボーイになっている角田の活躍は不可欠。準決勝以降も、なぜか勝負どころで回ってくる角田のプレーに注目してみてほしい。