「辞めたら負けだと思って、目指せるだけ上を目指す」

「個人競技がしたかった」。田口綾華が大学からボクシングを始めた理由は、たったそれだけ。意識が変わったのは、目標もなく迎えたデビュー戦。そこで負けた悔しさが、全日本チャンピオンへと駆け上がる原動力になった。男子部員にも立ち向かっていくストイックな女王の信念と強さ、その輝きを記録する。