マイボイスコムは、8月に開催されるリオデジャネイロ五輪に関するアンケート調査を実施した。回答数は1万936件。

まず、「リオデジャネイロ五輪の関心度」を尋ねたところ、「非常に関心がある」「やや関心がある」があわせて40%となった。「あまり関心がない」「まったく関心がない」はあわせて41.6%。どちらも4割程度となっており、「非常に関心がある」「やや関心がある」があわせて55.8%だった前回のロンドン五輪に比べ、関心層の比率が低くなっている。

9月に開催されるリオデジャネイロパラリンピックは、「非常に関心がある」「やや関心がある」があわせて27.0%。10代と50代以上では、3割強が関心層となっている。一方、非関心層は48.1%、20~40代では5割を超えている。

リオデジャネイロ五輪を観戦する予定の人は8割弱となっており、観戦方法は「NHKのテレビ中継をリアルタイムで見る」「民放のテレビ中継をリアルタイムで見る」が多くなっている。過去調査と比べると、「新聞や雑誌を読む」「テレビのダイジェスト版・再放送などを見る」が減少傾向にある。

「興味のある五輪競技」を尋ねた質問では、「体操」47.8%、「競泳」43.2%、「陸上競技」42.7%がトップ3にランクイン。「マラソン」と「サッカー」は3割台だった。前回のロンドンオリンピック調査時に比べて「テニス」がやや増加し、「サッカー」が大きく減少している。

リオデジャネイロ五輪観戦予定者が日本代表のメダルを期待している競技は、「体操」が47.7%で1位を獲得。続いて「競泳」「柔道」が3~4割、「レスリング」「マラソン」「卓球」が2割前後。興味のある競技は10位だったレスリングが、メダル期待では4位にランクインした。

次に、日本オリンピック委員会(JOC)オフィシャルパートナー企業を知っているか尋ねた。その結果、オフィシャルパートナー企業のいずれかを知っている人は5割弱だった。

金メダルを期待する競技は体操・競泳・柔道…リオデジャネイロ五輪のアンケート

金メダルを期待する競技は体操・競泳・柔道…リオデジャネイロ五輪のアンケート

金メダルを期待する競技は体操・競泳・柔道…リオデジャネイロ五輪のアンケート

金メダルを期待する競技は体操・競泳・柔道…リオデジャネイロ五輪のアンケート

金メダルを期待する競技は体操・競泳・柔道…リオデジャネイロ五輪のアンケート

金メダルを期待する競技は体操・競泳・柔道…リオデジャネイロ五輪のアンケート