上武大(関甲新学生野球連盟1部)との対戦は、5回までに7点リードを許す厳しい展開に。終盤に追い上げるも1点及ばず、7-8で敗北した。

 大量失点が重く響いた。先発・竹田祐投手(政経1=履正社)、2番手・石毛力斗投手(文2=健大高崎)は昨秋に好成績を残し、今春も活躍が期待される中心投手。しかし、この日は竹田が3失点、無死満塁から登板した石毛が押し出しを含む5失点と不安の残る結果に。特に石毛はピンチでの救援が主戦場であるだけに、開幕までの復調が望まれる。

 一方、野手陣は〝明治野球〟の片りんを見せた。6点差を追う8回裏、丸山和郁外野手(商1=前橋育英)の内野安打を皮切りに、5連打の猛攻で反撃開始。さらに途中出場の清水頌太内野手(政経3=春日部共栄)の右前適時打で1点差に詰め寄る。続く岡本伊織内野手(創志学園)が併殺打に倒れ、同点とはならなかったものの、伝統の〝粘り〟強さを発揮した。リーグ戦でも同じような攻撃ができれば、優勝へ向け大きな武器となるはずだ。

[小野原琢真]