ボルボ・カー・ジャパンのクラシックボルボのレストア事業を手がけるクラシックガレージは、4月5日から7日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2019」に出展し、クラシックボルボ7車種8台の展示および販売(一部車両を除く)を行う。

オートモビルカウンシルは、「クラシック・ミーツ・モダン」をテーマに、日本車メーカー5社、輸入車メーカー1社 、ヘリテージカー販売店23社が一堂に会し、100台を超える往年の名車を最新型車とともに展示・紹介・販売する名車イベント。ボルボ・カー・ジャパンは2016年の初開催より、今回で4回目の出展となる。

クラシックガレージは、ボルボ・カーズ東名横浜(東京都町田市)に併設され、主にクラシックボルボの整備およびレストアを行っている。一台一台のクラシックボルボのコンディションに応じて、純正パーツを中心に整備を実施。正規ディーラー整備による安心感を提供している。

今回、『アマゾン122S』(カリフォルニアホワイト、1970年、展示のみ)、『240ワゴン』(クラシックレッド、1993年、展示のみ)、同(グリーンブルーメタリック、1993年)、『940ポーラーSXエステート』(クラシックレッド、1996年)、「940タック・エステート」(クラシックレッド、1997年)、「940クラシック・エステート」(シルバーメタリック、1997年)2台、『S90クラシック』(ノーティックブルー、1998年)の8台を出展する。

245DL

245DL