写真:トップ名古屋小田オーナー/撮影:ラリーズ編集部

トップおとめピンポンズ名古屋(以下、TOP名古屋)のオーナーを務める株式会社トップの小田悟代表取締役へのインタビュー後編。

前編では、球団を保有するに至った経緯やスポーツにかける思いについて伺った。

どこまでもスポーツに対してオープン、選手の社員の交流も盛んな株式会社トップだが、後編ではさらに、交流の様子を深堀りするとともに、卓球とビジネスに共通する小田氏の信念や、Tリーグのファーストシーズン振り返りにも焦点をあてる。

――選手とのコミュニケーションですが、具体的にどういった交流がありますか?

小田悟(以下、小田):そうですね、スポーツ選手といっても女性ですから、それぞれにクリスマスプレゼントを用意したり、バレンタインデーに逆チョコレートを渡したりしました。

――選手とかなり距離が近いんですね。

選手にはやる気になってもらうことが一番ですから。「よくぞ名古屋に来てくれたな」といつも感謝しています。勝負は時の運なのでわからないけど、ベストを尽くしてくれればそれだけで嬉しいですね。

――たしかに勝負の世界は、どう転ぶかなんてわからないですよね。卓球だけでなく、ビジネスにおいても勝負の場面があるかと思います。卓球とビジネスで共通するものはあると考えますか。

小田:やはり「諦めない気持ち」ではないでしょうか。たとえば卓球の試合で0-2で負けていても、そこからまだ逆転できる可能性がある。勝敗には、「勝ち癖」と「負け癖」が大きく関わると思っていて。一度「もうダメだ」と諦めてしまうと、次第に諦めることに抵抗がなくなるので負け癖がつきやすい。「絶対に負けないんだ」という気持ちを持ち続けた方が、最終的に「勝ち癖」につながっていい結果が出やすい気がしますね。

――なるほど。小田オーナーも、常に諦めない気持ちを意識してきたんですか。

小田:そうですね。一度負けてしまうと、どうしても諦める気持ちが強くなってしまう。たとえばゴルフをしているとき、一度9とか10を叩いてしまうと、「もういいや」とプレーがいい加減になる人も多いです。そうした雑な気持ちでプレーしてしまうと、成績もどんどん悪くなる。

――確かにそうですね。

小田:人は、一度うまくいかなかったとき、「自分はダメなんだ」「自分は下手なんだ」という気持ちになりやすい。だけどダメかどうかなんて、自分ではなく周りが決めることだと思うんですよね。自分で勝手に決めつけちゃうと、どうしても弱気になってしまう。そこで諦めずに粘り強さを持って取り組むことで、自然と勝ち癖につながると考えています。

――選手がそうした諦めない気持ちを持ってプレーすることで、社員が変わったりすることもあると思いますか。

小田:あると思いますよ。TOP名古屋は選手と社員の距離が近いので、社員も刺激を受けやすい。選手が試合で逆転したときや最後まで諦めずに試合をしたとき、「自分も最後まで頑張ろう」と前向きな気持ちになれたりとか。

たとえば営業の人であれば、毎月それぞれ予算があります。月によっては今日が月末最終日で、予算が達成できるかどうかの瀬戸際だというケースもあるかもしれません。そこでTOP名古屋の白熱した試合を思い出して、「自分も最後まで頑張ろう」と諦めずに仕事することにつながるんじゃないかと。

――それはいいですね。スポーツもビジネスも、根本の精神は通じるものがあるのですね。

小田:選手が社員によい影響を与えてくれているだけでなく、社員が選手によい影響を与えることもあると思います。TOP名古屋では、社員が実際に試合会場に足を運んで選手を応援することも多い。仲間意識が強く、社員は選手を「会社」というチームのメンバーとして見ています。団結して一生懸命応援している姿を見て、選手も力をもらえたりする。選手と社員が感化しあうことで、いい循環が働いて、会社全体によい影響をもたらしていると思います。

――オーナーにリーダーシップや勝ち癖がしっかりと根付いていたからこそ、今こうして選手や社員によい影響を与えている気がします。ちなみに、オーナー自身が諦めたことはあるんですか?

小田:諦めたことは何回もありますよ。挫折したことだってある。だから諦める人の気持ちもよくわかるんですよね。でも人間は、夢があったら頑張れると思うんですよ。夢を持つことで自分を奮い立たせたり、やる気になれたりする。人間というのはそうでもしないと基本的に動かない動物。だからこそ、夢や目標を見つけることは大切だと考えています。




写真:TOP名古屋小田オーナー/撮影:ラリーズ編集部

――Tリーグのファーストシーズンが終了しました。振り返ってみて、どんな印象を持ちましたか。

小田:選手は本当によくやってくれたし、選手を支えてくれたスタッフにも感謝しています。最初は1位を狙っていたけれど、正直なところ最下位でもいいと思っていました。実際に試合をしてみると、全然レベルが違うなと感じてしまって…。だけど後半は2連勝もしてくれたし、少しずつチームとして成長している手応えはありますよ。とにかく今年は、本当によくやってくれました。

――来期に向けて、なにか意気込みはありますか。

小田:選手の底上げですね。いま居る選手だけでなく、さらにいい選手を見つけて入ってもらえるようにも頑張りたいですね。監督やコーチ含めて、縁あって一緒になってくれたチームでいずれは1位を争いたい。外国人のいい選手が獲得できたらいいな(笑)。

――小田オーナーのお話を聞いていると、「縁」をすごく大切にされているなと感じました。

小田:嫁さんや社員との出会いと同じように、選手についても縁あってTOP名古屋に入ってくれるんだと思うんですよね。やはり縁がないと一緒になれないし、もし違うチームに入ればそのチームに縁があっただけのこと。頼まれたら「ノー」と言わないことにも通じるんですけど、自分に縁があった人はずっと大切にしていきたいと考えています。せっかくの縁をないがしろにせず、選手や社員とこれからも仲良くしていければ嬉しいですね。

――今回は貴重なお話をありがとうございました。これからも、TOP名古屋の躍進を期待しています!

文:古山貴大