SPでは思うような結果出なかったが、フリーで逆転を狙う羽生結弦

 好調であるがゆえの落とし穴だったかもしれない。3月21日の世界フィギュアスケート選手権男子ショートプログラム(SP)で、羽生結弦は自信を持っている最初の4回転サルコウがパンク。0点になるスタートになってしまった。

 昨年の平昌五輪前よりも、3週間長いケガ明けの調整期間を取れた今回、ここまでの準備は問題なかった。

「4回転ループを跳べるようになったのは3週間前くらい。五輪のときとは違って、今回はループを跳ばなければいけないという使命感も強くなっているので、それを跳べるだけの筋力の強化もしてきました。フリーも滑り切れる体力がついたと思う」と本人が言うように、19日の公式練習から見せていたのは、キレのある動きと、明るすぎるほどの姿だった。

「ちょっと気張りすぎたというのはありますね。応援してくれている人たちの期待を受け止めたいというのはもちろんありましたし、このプログラムに対してもすごく強い気持ちがあった。何よりロステレコム杯(ロシア大会)でいい演技ができていたからこそ、あれを超えたいという気持ちもあってすごく貪欲だったと思います」

 SPの『秋によせて』は、シーズン初戦のオータムクラシックではミスがあったが、グランプリ(GP)シリーズ・フィンランド大会ではノーミスの滑りで106.69点を獲得していた。

 そして、次に出場したロシア大会ではさらに磨きをかけて、「たぶんこの構成ではマックスの得点だと思う」という110.53点を獲得していた。その後、右足首の故障で試合から離れていただけに、今季最大の目標とする今大会で、完璧だと言っていた滑りをさらに高めて、「羽生結弦ここにあり」という姿を見せたかったのだろう。

 準備がしっかりできていたことは間違いない。前日、20日の午後5時5分から始まった公式練習で曲かけはフリーだったが、リンクに上がってから3分弱が過ぎた段階で、SPのスタートポジションから滑り出すと、4回転サルコウをきれいに決めた。その流れのままにトリプルアクセルと4回転トーループ+3回転トーループを跳び、続くスピンふたつとステップ、最後のチェンジフットコンビネーションスピンから最後のポーズまで、SPの内容をノーミスで滑り切った。プログラムを完璧に手の内に入れているようだった。

 だが、試合当日になって羽生に不安が芽生えた。それは6分間練習の終了2分前くらいだったと言う。

「6分間練習の時に、なかなかジャンプに入るタイミングが合わなくて、それで少し軌道を変えて入った1本目のサルコウをミスしました。実質、ちゃんとできたのは2本目の1回だけだったので、それが不安材料になってしまったかなと思います。ソチ五輪の時のフリーの6分間練習みたいな感覚になってしまっていました。はっきり言ってウォームアップなしでも4回転サルコウは跳べるジャンプですし、ショートもノーミスでできるものだったんですが、無駄に不安の原因を作ってしまったという感じです。

 これまでで一番悔しかったソチ五輪のフリーの経験を、ちゃんと使わなければいけなかったと、反省しています」

 予兆は、SP当日昼の公式練習からあった。前日までは日本勢3人を含む5人での公式練習だったのが、この日からは最終組6人での練習になっていた。その中で宇野昌磨もそうだったが、コース取りが合わない選手がいて、ジャンプに入ろうとして躊躇したり、コースを変えるシーンも見せていた。

「失敗をしてからは頭の中が久しぶりに真っ白になり、いっぱい一杯で、全力でやり切るということしか考えられなかった。とくに4回転+3回転は絶対に決めなければいけないという気持ちが強くありました」

 こう話す羽生は、次のトリプルアクセルを3.43点の加点をもらう出来にして立て直すと、4回転トーループ+3回転トーループはセカンドで少し詰まりかけたが、2.71点の加点をつけた。ステップシークエンスも序盤は少し急ぎすぎているような感じはあったものの、スピンとともにすべてをレベル4にして乗り切った。その結果94.87点。最終滑走でノーミスの滑りをしたネイサン・チェン(アメリカ)に、12.53点差をつけられて、3位発進となった。

 フリーではルッツ、フリップ、トーループと、4回転3種類4本を入れてくるチェンにこの得点差をつけられたのは厳しい。だが、逆転の可能性がある限り挑戦するのは当然だ。とりあえずやらなくてはいけないのは、羽生自身が言っているように「自分の構成をしっかりやり切り、一つひとつきれいなジャンプを決めていくしかない」という演技だ。  

 その演技で、次に滑るチェンにどれだけのプレッシャーをかけられるか。

「やっぱり自分にはいろんな経験値があると思うので、それをいろいろ使っていきたい」と言う羽生。王者の意地が見られることを楽しみにしたい。