21日、右足首負傷から復活優勝を狙う羽生結弦(24)が、この日夜に行われる男子ショートプログラム(SP)を前に公式練習に臨んだ。練習会場に姿を現すと、大勢のファンから歓声が上がった。

曲をかけた練習では、冒頭の4回転サルコーを着氷。その後の3回転半は1回転半に終わった。演技後半では、の4回転-3回転のトウループのうち4回転で着氷が乱れる場面もあったが、3回転につなげて着氷した。曲が終わると、観衆から拍手が起こった。

その後は4回転ジャンプを中心に感触を確かめた。フリーで投入する予定の4回転ループも着氷した。終了間際には4回転サルコー、3回転半、4回転-3回転の連続トーループとSPで投入するジャンプを完璧に成功させ、会場の”ゆづ”ファンを喜ばせた。

羽生は最終グループの1番滑走で、午後8時18分に登場予定。2年ぶりの世界王者となるか、注目されている。