写真:村上恭和総監督(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2018/19シーズン プレーオフファイナル 3月17日(日)両国国技館>

17日、Tリーグプレーオフファイナル女子の試合後、初代王者に輝いた日本生命レッドエルフの村上恭和総監督が記者会見で試合後の感想を述べた。

勝負の分かれ目について「オーダーを見た時にダブルスを取った方が有利だと思った。シングルスも各試合接戦となったが、結果的にはダブルスを切り抜けられたのが大きかった」とダブルスでの勝利を勝因の1つに挙げた。

またシーズンを全勝で終え、MVPを獲得した早田ひなについては「早田ひなは世界卓球の選考会で加藤美優に逆転負け。シングルスでの出場権を逃しとてもショックを受けていた。そこから立ち直り見事なプレーを見せた。Tリーグで一番伸びたのはレシーブ」とメンタルと技術の両面での成長を評価した。

文:ラリーズ編集部