写真:平野美宇(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2018/19シーズン プレーオフファイナル 3月17日(日)両国国技館>

17日、Tリーグプレーオフファイナル女子の試合後、初代優勝メンバーとなった日本生命レッドエルフの平野美宇が報道陣の囲み取材に応じた。

試合を振り返り「早田選手のおかげで優勝することができてよかった。ビクトリーマッチは声が枯れるまで応援した。ありがとうと思った」と優勝を決めるポイントを挙げたチームメイトを称えた。

試合会場となった両国国技館については「なかなか両国で試合することはできないと思うので、開幕戦もファイナルも戦うことができて幸せ。世界最高のリーグになるには、開幕やファイナルのような演出や盛り上がりを、シーズン通してできたらよい」とコメント。

自身の敗戦について聞かれると「あと少しで負けてしまった。敗戦をポジティブに受け止めて、世界選手権では同じことをしない。もっと強い自分で戦っていけるようにしたい」と前を向いた。平野は明日、ワールドツアーに向けて日本を発つ予定だ。

文:ラリーズ編集部