写真:早田ひな(日本生命レッドエルフ)/撮影:ラリーズ編集部

<ノジマTリーグ2018/19シーズン プレーオフファイナル 3月17日(日)両国国技館>

17日、卓球新リーグ・ノジマTリーグ女子の年間チャンピオン決定戦「プレーオフファイナル」で木下アビエル神奈川(以下、KA神奈川)と日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)が対戦。マッチカウント1-1で迎えた第3マッチを日本生命が制し、初代女王に王手をかけた。

個人成績2位と3位のぶつかり合いに

第3マッチには袁雪嬌(KA神奈川)と早田ひな(日本生命)が登場。レギュラーシーズンの個人成績では、シングルスのマッチ勝利数で袁が2位(14勝)、早田が3位(11勝)をマークしており、プレーオフファイナルにふさわしいハイレベルな組み合わせになった。

試合は第1ゲームからパワーが持ち味の両者ならではの攻撃の応酬に。軽快なフットワークから広角に攻め込んだ早田が終盤にリードを奪い、1ゲームを先制した。

第2ゲームは打って変わって袁のペースとなり、10-4と大きくリードを広げる。ここから早田が10-9まで猛追するも、11-9で袁が振り切りゲームを奪い返した。

試合を有利に進めるためになんとしても取りたい第3ゲームも激しい攻防が続く。3-3から9-9まで2点以上の点差がつくことのないシーソーゲムの展開になったが、9-9から早田が連続ポイントを奪い、勝利に王手をかけた。



写真:袁雪嬌(木下アビエル神奈川)/撮影:ラリーズ編集部

後がない袁は第4ゲームに入り、ギアチェンジに成功。一気に畳み掛けた袁が11-3と圧倒し、勝負を最終ゲームに持ち込んだ。

Tリーグの最終ゲームは6-6からスタートする。第4ゲームで勢いづいた袁が最終ゲームもポイントを重ね、10-7とマッチポイントをつかんだ。しかし、早田がこのピンチをしのぎ、勝負はデュースにもつれ込む。手に汗握る展開になったが、最後は早田が19-17の激闘を制した。

この勝利で、日本生命はTリーグ初代女王まで後1マッチと迫った。第4マッチ、KA神奈川には石川佳純が控えているが、果たして勝利の女神はどちらに微笑むか。

ここまでのスコア

KA神奈川 1-2 日本生命
石川佳純/木原美悠 1-2 ○常晨晨/蒋慧
11-8/7-11/11-13

○杜凱琹 3-2 平野美宇
11-5/6-11/14-12/7-11/11-9

袁雪嬌 2-3 ○早田ひな
8-11/11-9/9-11/11-3/17-19

文:ラリーズ編集部