卓球のTリーグ年間王者決定戦「プレーオフファイナル」が17日行われ、木下マイスター東京が岡山リベッツを3-1で下し、初代チャンピオンに輝いた。

第1試合、ダブルスに登場した水谷隼、大島祐哉組が岡山の上田仁、森薗政崇組に敗れるも、第2試合のシングルスでは侯英超が吉村和弘を3-1で破る。続く第3試合、シングルスの世界ランキング10位の水谷は、同7位の李尚洙に圧巻のストレート勝ち。第4試合には張本智和が第1ゲームを奪い、第2ゲームは落としたものの、第3、第4ゲームを連取して試合を締めくくった。

スコア詳細
KM東京 3-1 岡山
水谷隼/大島祐哉 1-2 ○上田仁/森薗政崇
11-9/7-11/9-11

○侯英超 3-1 吉村和弘
12-10/7-11/11-5/14-12

○水谷隼 3-0 イ サンス
11-9/11-8/11-8

○張本智和 3-1 森薗政崇
11-4/9-11/12-10/11-9