東都リーグ2部に所属する青学大との一戦。5回に同点に追いつき、終盤にかけ、盛り上がりを見せるも逆転できず。1―1の引き分けに終わった。                

 先発のマウンドには竹田祐投手(政経1=履正社)。初回、高めの直球を弾かれ、2安打を浴びるなど先制点を許す。しかし、その後は6回まで相手打線に追加点を与えない好投で試合を作った。一方、打線は5回、喜多真吾内野手(法3=広陵)の左中間を破る三塁打で好機を作ると、公家響内野手(政経2=横浜)がしっかりと返し、同点に追い付く。終盤にかけ、両チームとも好機を作るが試合は動かず、同点のまま試合を終えた。

 この試合を盛り上げたのはルーキーだ。打線で放った安打は計5本。その内3本は1年生が放った安打だ。また9回表に迎えた1死三塁の場面では渡部翔太郎投手(千葉黎明)が登板。堂々とした全力投球で三振も奪うなど失点を許さなかった。リーグ戦へ向け、ルーキーたちも確実にアピールを続けている。

[坂田和徳]