確定が遅れていたFIAアジア‐パシフィックラリー選手権(APRC)の2019シーズンカレンダーは、日本のモントレー戦がカレンダーに加わることがFIA承認を受け、ようやく確定した。

暫定カレンダーの段階でカレンダーに含まれていたマレーシア、インドは最終的にカレンダーに含まれず、パシフィックカップ、アジアカップ、各4戦の全8戦での構成となった。APRCの各タイトルは、グランドフィナーレとして開催される最終戦中国での一発勝負となり、グランドフィナーレへの出場権を得るためには、パシフィックカップかアジアカップ(中国戦以外)、いずれかのカップで2戦に参戦しなくてはならない(パシフィックのみ2戦、またはアジアのみ2戦)。カップをまたいでの2戦での参戦権獲得も検討されていたようだが、この案は見送られた。

一方で、ウルト・ラリーカップは例年通り、全8戦を対象に争われる。

2019年APRCカレンダー
第1戦 4月13-14日 ラリーオブオタゴ(ニュージーランド/P)
第2戦 5月4-5日 ラリーオブファンガレイ(ニュージーランド/P)
第3戦 6月6-9日 ラリーモントレー(日本/A)
第4戦 6月22-23日 ラリータスマニア(オーストラリア/P)
第5戦 7月6-7日 ラリーオブメダン(インドネシア/A)
第6戦 8月24-25日 ユーレカラリー(オーストラリア/P)
第7戦 9月21-22日 ラリー北海道(日本/A)
第8戦 10月26-27日 チャイナラリー - 龍遊(中国/A)

P=パシフィックカップ/A=アジアカップ