元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さんが7月22日、インスタグラムを更新。「沖縄でポケモンGO」と同日、日本でも配信されたスマートフォン向けゲームを早速、沖縄でプレイした報告とともに交通マナーの徹底を呼び掛けている。

「#信号は」「#守りましょう」「#交通安全」「#徹底。」と小塚さん。「#轢かれますよ。」と強い言葉も使い、ゲームに熱中しすぎて交通事故などに巻き込まれないようにとアピールした。

「ポケモンGO」は位置情報を利用して、現実社会でポケモンのキャラクターを確保、交換、対戦するゲーム。日本より先に配信された国では、街中でゲームに夢中になり、立ち入り禁止区域への侵入や交通事故に遭うアクシデントもあった。

国内配信に伴い、日本政府も注意喚起を行っている。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)はツイッターに「ポケモントレーナーのみんなへおねがい」と題する画像を投稿。熱中症への警戒や危険な場所へは立ち入らないなど、9項目の注意事項が記載されている。

小塚さんのインスタグラムにファンからは、「ポケモンに夢中になって車や壁にぶつからないでね~」「前方に気をつけてポケモンしてください!」「ながらスマホしないように気を付けてね~めんそ~れ~」などのコメントが寄せられていた。

また、現在沖縄県に滞在中の小塚さんは、「#沖縄料理」「#うまい。」「#そろそろ」「#泡盛かな。」と料理を写真で投稿。ご当地グルメとお酒を堪能して沖縄の夏を楽しんでいる様子も掲載している。

小塚崇彦、沖縄でポケモンGO…マナー呼びかける「信号は守りましょう」「徹底」

小塚崇彦、沖縄でポケモンGO…マナー呼びかける「信号は守りましょう」「徹底」

小塚崇彦、沖縄でポケモンGO…マナー呼びかける「信号は守りましょう」「徹底」

小塚崇彦、沖縄でポケモンGO…マナー呼びかける「信号は守りましょう」「徹底」

小塚崇彦 参考画像(2015年12月26日)(c) Getty Images

小塚崇彦 参考画像(2015年12月26日)(c) Getty Images

ポケモンGO(c)Getty Images

ポケモンGO(c)Getty Images