3月3日、ジャパントップ12卓球大会が宮城県・仙台市で行なわれた。男子は張本智和が決勝で水谷隼を下して初優勝。女子は石川佳純が伊藤美誠を破り、2年ぶり4度目の優勝を果たした。

 張本は、前年に決勝で敗れた水谷にリベンジを果たした格好だ。一方で、長らく日本のエースとして活躍してきた石川は、全日本選手権で2年連続3冠を達成するなど圧倒的な強さを誇る伊藤に意地を見せた。ゲームカウント4-2で勝利した瞬間に両手の拳を突き上げた姿からも、この大会にかける意気込みが伝わってきた。




伊藤を破ってジャパントップ12を制した石川

 石川は、「美誠ちゃんは今の全日本チャンピオンなので、気持ちとしては日本選手のなかで誰とやるよりも思い切りできる。リードしていてもされていても、焦らずにしっかり自分のプレーができた」と、この日の勝因を挙げた。また、世界選手権に向けては「仲間でもあり、ライバルでもありますが、そんなチームメイトと共に頑張って世界一を目指したい」と力強く宣言した。

 ジャパントップ12以前に決定していた世界選手権のメンバー(2018年1月から1年間における、国際大会での成績や内容などを評価)は、男子が張本、水谷、丹羽孝希、吉村和弘で、女子は石川、伊藤、平野美宇、佐藤瞳。そこにジャパントップ12の前日に行なわれた男女の選考会を制した、森薗政崇、加藤美優が加わり、それぞれ男女5人が出場する。

 その世界選手権(個人戦)は、東京五輪代表の座を獲得するうえでもっとも重要な大会と言っても過言ではない。

 東京五輪の舞台に立つことができるのは3人で、そのうち2人は来年1月時点の世界ランキングの上位2名で決定。順位を上げるためには各国際大会に出場してポイントを獲得しなければならないのだが、世界卓球選手権はそのポイントが高い。

 世界選手権で優勝して得られるポイントは3000。2位で2550ポイント、ベスト4で1950ポイントを獲得できる。1年間に渡って行なわれるワールドツアー優勝時に得られるポイントと比較しても、もっとも格付けが高い「プラチナ」の大会が2250ポイント、「レギュラー」の大会が1800ポイントで、年末に行なわれる「グランドファイナル」でも2550ポイントであることから、世界卓球選手権はランキングを一気に上げる絶好の機会なのだ。

 3月時点での日本人選手上位の世界ランキングとポイントは以下のとおりだ(☆がついているのは世界選手権に出場する選手)。

【男子】
4位・張本智和(14625ポイント)☆
9位・丹羽孝希(12466ポイント)☆
10位・水谷隼(12165ポイント)☆
26位・吉村真晴(9162ポイント)
29位・上田仁(9024ポイント)
31位・大島祐哉(8779ポイント)
45位・森薗政崇(7251ポイント)☆
55位・松平健太(6914ポイント)
59位・吉村和弘(6426ポイント)☆

【女子】
4位・石川佳純(15248ポイント)☆
7位・伊藤美誠(13880ポイント)☆
9位・平野美宇(13065ポイント)☆
12位・佐藤瞳(11628ポイント)☆
14位・芝田沙季(11142ポイント)
20位・加藤美優(9924ポイント)☆

 男子は張本、丹羽、水谷の”三つ巴”。女子も同じく石川、伊藤、平野がリードしているが、男子よりも混戦状態にある。世界卓球選手権で佐藤や加藤が上位3人を上回る成績を残せば、代表入りのチャンスは大きくなるだろう。

 そして東京五輪の残る1枠は、日本卓球協会の推薦によって決められる。

 団体戦でのダブルスの相性などが考慮されるため、必ずしも世界ランキング上位の選手が選ばれるとは限らない。男子では森園がTリーグでも抜群の存在感を見せたが、女子で期待できる選手となると、やはり早田ひなになるだろう。同学年の伊藤との”みまひな”ペアで全日本選手権2連覇を達成し、平野とペアを組んで臨んだ2017年のワールドツアープラチナ・ドイツオープンでも優勝するなど、輝かしい実績を残している。

 シングルスでも成長著しい早田だが、現在の獲得ポイントは8068ポイントで、世界ランキングも37位(日本人選手で10位)と、昨年の最高12位からランキングを落としている点が気がかりだ。いくらダブルスが強くても、今のランキングのままでは選考の際に難色を示される場合もある。

 早田は世界選手権の選考会でも加藤に敗れたため、3月9日に発表される代表ペア(ダブルス2ペア、混合ダブルス2ペア)として出場することが濃厚。世界選手権のダブルスでは、世界ランキングに関わるポイントを得ることができないが、それでも世界の強豪相手に勝利を積み重ねてアピールし、獲得ポイントが大きい3月26日開幕のワールドツアープラチナ・カタールオープンへとつなげたいところだ。

 稀に見る混戦となった東京五輪の代表争い。とくに女子は最新のランキングで10人が世界50位以内につけるなかで、誰がその座を勝ち取るのか。いよいよ選考レースが本格的にスタートを切る。