<写真・ゲームを取り、ガッツポーズを見せる栗山(左)と天野>

 3月7日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、平成30年度関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。男子ダブルス準々決勝に栗山(商3)・天野(文3)組が出場。第1セットは、巧みなボレーでリードを奪い先取した。続く第2セットは、第3ゲームでブレイクに成功するも、相手も粘りを見せキープ合戦に。しかし、要所を締めるテニスでサービスゲームをしっかりとキープ。ストレートで勝利し、準決勝へと駒を進めた。

    あすは同会場で、男子ダブルスの準決勝が行われる。

男子ダブルス本戦準々決勝

栗山・天野     2-0(6-4、6-4)

試合後のコメント


栗山拓也主将「きのうに比べて、第1セットの出だしでいいスタートを切ることができた。要所できっちりとポイントを取ることができたことが勝因の一つだと思う。(あすへ向けて)何度も言っているように、新進はあくまでも通過点。強い相手が来ても、まずは自分たちのテニスができるように注力したい」

栗山と共に4強に進出した天野「きのうと同じように楽しんでプレーすることができた。応援も後押ししてくれて、気負わずに試合ができた。あす以降も楽しんで、積極的にプレーするだけだと思う」