決まれば3年ぶりのウォリアーズ復帰

プレーオフを見据え、ウォリアーズがアンドリュー・ボーガットの獲得に動いていることが分かった。

指揮官のスティーブ・カーは、球団がボーガットの代理人と接触していることを認めたが、何も正式には決まっていないとコメント。もし契約が決まれば、ボーガットは3年ぶりの古巣復帰となる。

ボーガットは、2018年の1月にレイカーズから解雇された後、2018年4月にオーストラリアのリーグ、NBLに所属するシドニー・キングスとの契約を発表。2018-19シーズンにはNBLのMVP、年間最優秀守備選手賞、オールNBLファーストチームに選出された。

ボーガットは、ジョーダン・ベル、ケボン・ルーニー、デイミアン・ジョーンズらと共に、デマーカス・カズンズの控えを務めると見られている。出場時間はさほど多くはないにしても、粘り強い守備、的確なスクリーン、リバウンドの技術はトップクラスで、勝負どころでのワンポイント起用なら違いを生み出せるだろう。カーにとってはラインナップにバリエーションを加えられるだけではなく、フロントコートの層を厚くし、ベテランのリーダーシップをチームに注入することができる。

ボーガットのNBA復帰が決まるかどうか、正式発表を待ちたい。