写真:張本智和(JOCエリートアカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

<LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会 3月3日 カメイアリーナ仙台>

張本智和が水谷隼を倒し地元仙台で優勝

3日、LIONカップ第23回ジャパントップ12卓球大会の決勝戦は、張本智和(JOCエリートアカデミー)と水谷隼(木下グループ)という昨年の決勝と同じ組み合わせとなった。昨年の決勝は水谷が4-2で勝利を収めている。

今年は序盤から張本が主導権を握る。レシーブに定評のある水谷だが、張本のサービスを浮かす場面が何度も見られ、張本に強打で攻め込まれる。水谷は時折鋭いカウンターで対抗するが、張本もそれをカウンターするなどし、第1、第2ゲームと張本が連取した。

第3ゲーム、水谷がフォア側へのハーフロングのサービスを上手く使い、張本のチキータを封じて先手を取ろうとする。しかし張本も冷静にストップやツッツキを使い、流れを引き渡さない。10-7で張本のカットブロックが決まり、ゲームカウント3-0と張本が初優勝に王手をかけた。

第4ゲーム、水谷は張本のサービスを上手くレシーブできず、5-1となりたまらずタイムアウト。ここから水谷が意地を見せるも、最後まで主導権を渡さなかった張本が11-9で4ゲーム目を奪取し、地元仙台で嬉しい初優勝を飾った。

優勝インタビューで張本は、「嬉しい気持ちもあるが、これくらいのスピードでいかないと世界ランク1位になれない。このくらいのスピードで突き抜けていきたい」と抱負を語った。また、会場の応援について「追いつかれそうなときに声援をもらえた。仙台だから優勝できたと思う」と地元への感謝を述べた。

試合のスコア

〇張本智和 4-0 〇水谷隼
11-8/11-3/11-7/11-9

文:ラリーズ編集部