東京マラソン:東京都庁前~東京駅前(42・195キロ)

中京大学4年で初マラソンの堀尾謙介が2時間10分21秒のタイムで日本人トップとなる5位に入った。

2020年の東京五輪の代表選考会「マラソン・グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得。学生では初となるMGC進出となった。

トレードマークは黒縁メガネ。今年の箱根駅伝は2区を走り区間5位だった。

優勝は、エチオピアのビルハヌ・レゲセ(24)。タイムは2時間4分48秒だった。

また、日本記録保持者の大迫傑は29キロで途中棄権した。