<前回大会優勝 大分Aチーム>

人力で時速50キロ!迫力の高速車いすレースが京都で開催!

「天皇陛下御在位三十年記念 天皇盃 第30回全国車いす駅伝競走大会」

レーサーと呼ばれる競技用の車いすを操り、平均時速30キロ、下り坂では時速50キロにも達するスピードで高速のバトルを繰り広げる車いす駅伝。その唯一の全国大会である「全国車いす駅伝」の第30回大会が、3月10日に京都市で開催される。今大会は記念すべき第30回の大会であると共に、2018年3月に下賜された天皇盃をめぐっての初の大会になる。

1990年から始まった「全国車いす駅伝競走大会」は、京都市左京区の国立京都国際会館前をスタートし、右京区の西京極陸上競技場までの5区間・21.3キロの距離を、全国から参加した車いす駅伝チームが順位を競い合う。今回は26チームが参加し、初春の都大路で戦いの火花を散らす。

<前回3位。地元チームの意地で10年ぶりの優勝を目指す京都Aチーム>
<レーサーと呼ばれる競技用車いすで繰り広げられる車いす駅伝。最高時速は50キロに達する>

初の天皇盃を手にするチームはどこか、大分が3連覇となるか、地元京都チームの10年ぶりの優勝となるか、選手たちの熱い戦いに一層目の離せない大会となる。

KBS京都「天皇盃第30回全国車いす駅伝競走大会 実況中継」WEBサイト

https://www.kbs-kyoto.co.jp/contents/kurumaisuekiden/

3月10日(日)午前11:00スタート