写真:森薗政崇(岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部
<LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会(兼2019年世界卓球選手権日本代表選考会) 3月2日 カメイアリーナ仙台>

森薗が吉田との壮絶なラリー戦を制す

2日、LIONカップ第23回ジャパントップ12卓球大会(兼2019年世界卓球選手権日本代表選考会)の大会初日の決勝で、吉田雅己(岡山リベッツ)と森薗政崇(岡山リベッツ)が世界卓球選手権(以下、世界卓球)への切符をかけて対戦した。

青森山田高校では先輩後輩であり、現在はTリーグ・岡山リベッツのチームメイトでもある2人の対決は、序盤から見応え十分のラリーの連続となった。第1ゲームは吉田が先取するも、そこから森薗が4ゲームを連取し、見事4-1で勝利した。

森薗は、2019年4月21日~28日にブダペストで開催される世界卓球への切符を掴み取ったとともに、世界卓球代表内定者のみで争う明日の大会2日目への出場権を手にした。

試合のスコア

吉田雅己 1-4 〇森薗政崇
11-7/10-12/9-11/9-11/7-11



写真:森薗政崇(岡山リベッツ)/撮影:ラリーズ編集部

大会2日目の出場選手

張本智和(JOCエリートアカデミー)
丹羽孝希(スヴェンソン)
水谷隼(木下グループ)
吉村和弘(愛知工業大学)
森薗政崇(岡山リベッツ)

文:ラリーズ編集部