日本相撲協会は26日、大阪市内で開かれた大相撲の十両以上の関取で構成する力士会で、過度な験担ぎによるひげの禁止などを通達した。「見苦しくないように」との理由で、力士の身だしなみなどを定めた「力士規定」に明記された。
伸びた爪や入れ墨も禁じられる。規定には盛り込まないが、ケガした部位に巻くテーピングも目立たない肌色に限るよう指導していく。
尾車事業部長は「神聖な土俵。(来場者らが)見ていて気持ちいい気分になってほしい」と話した。力士会会長の横綱鶴竜は「大事なこと」と述べた。

違反があった場合には、呼び出して注意を与える方針だという。