写真:ハンイン(左)・ソヒョウォン(トップおとめピンポンズ名古屋)/撮影:ラリーズ編集部

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 2月24日(日) 西尾市総合体育館>

24日、ノジマTリーグのトップおとめピンポンズ名古屋(以下、名古屋)と日本生命レッドエルフ(以下、日本生命)の対戦が、西尾市総合体育館にて14:00より行われる。勝点18で最下位の名古屋と、勝点40で2位の日本生命が対戦するカードだ。日本生命はプレーオフに向けて最後の実践調整の機会になる。過去の対戦成績は日本生命の4勝2敗となっている。この試合の見どころを解説する。

名古屋 vs 日本生命 前回の対戦

名古屋と日本生命は前回、2月21日に岸和田市(岸和田市総合体育館)で対戦しており、その際はマッチカウント1-3で名古屋が勝利を収めている。鈴木・安藤(名古屋)のダブルスペアが逆転勝利でまず1勝をあげた。その後はシングルスでも名古屋が連勝。サマラ(名古屋)が大接戦の末、蒋(日本生命)を逆転で破る活躍を見せた。ソ(名古屋)は前田(日本生命)に敗れたものの、名古屋が勝利を収めている。

前回のスコア 日本生命 1-3 名古屋
常晨晨/蒋慧 1-2 鈴木李茄/安藤みなみ○
11-9/4-11/9-11

森さくら 1-3 ハンイン○
7-11/11-9/7-11/2-11

蒋慧 2-3 サマラ○
11-4/11-6/7-11/11-13/8-11

○前田美優 3-2 ソヒョウォン
9-11/11-9/4-11/11-6/12-10

2/24 名古屋 vs 日本生命 ベンチ入り選手の紹介

※2/23時点の発表。()内はTリーグランク
■名古屋
森薗 美咲(AA)
ハン イン(S)
ソ ヒョウォン(AAA)
安藤 みなみ(AA)
野村 萌(A)
鄭 怡静(S)

名古屋は、Sランクの鄭怡静もベンチ入り。今日も強力なドライブで存在感を示したい。またダブルスでは前日に続き、ハン・ソのカットペアを起用するのか注目だ。

■日本生命
石垣 優香(S)
森 さくら(AAA)
前田 美優(AA)
陳 思羽(S)
常 晨晨(A)
蒋 慧(A)

対する日本生命は、平野、早田を温存する布陣。常晨晨・蒋慧のダブルス、森さくら、前田美優、陳思羽のシングルス起用が濃厚か。前回の対戦で悔しい敗戦を味わった蒋慧のシングルス起用があるのかも注目したい。

2/24 名古屋 vs 日本生命 見どころの詳細

名古屋は、ホームでの今季最終戦。是非とも勝利して来季に向けて観客の期待を高めたい。ダブルスは前日は敗れたハン・ソが起用されれば、ホームという地の利を活かしてなんとしても勝ち星をつかみたいところ。

対する日本生命は常晨晨・蒋慧のダブルスでまず手堅く勝利したい。シングルスでも、Sランクの陳思羽はプレーオフに向けて連敗を脱出しておきたいところだ。

名古屋にとってはホーム迎えるレギュラーシーズン最終戦という重要な一戦、日本生命にとってはプレーオフに向けた実践調整の場として貴重な一戦となる。名古屋対日本生命の試合を目の当たりにしよう。

文:ラリーズ編集部