写真:平野友樹(左)、チョンヨンシク(ともにT.T彩たま)/提供:©T.LEAGUE

2月22日、ノジマTリーグで琉球アスティーダ(琉球)とT.T彩たま(以下、彩たま)が対戦した。彩たまにとっては敵地での戦いであったが、見事にストレートで勝利を挙げた。この勢いのまま24日のKM東京との最終戦に臨む。

1番手ダブルスでは、チョン・平野が有延・丹羽と3日ぶりの対戦。粘る有延・丹羽を振り切り2-0で勝利すると、この流れのまま、黄が陳に3ゲームを連取した。

流れを変えたい琉球は3番手にエース・丹羽を投入する。彩たまはダブルスの勝利で勢いに乗るチョンで対抗。1ゲーム目をデュースの接戦で制したチョンが3-0のストレートで丹羽を見事撃破した。彩たまは、さらに追い打ちをかけるかのように、4番手で前節(19日)のラストで勝利した吉村を起用する。琉球の荘が1ゲーム目を奪い意地を見せるも、最後は危なげなく吉村が勝利を飾った。

スコア速報:琉球アスティーダ 0-4 T.T彩たま

有延 大夢/丹羽 孝希 0-2 チョン ヨンシク/平野 友樹〇
9-11/8-11

陳 建安 0-3 黄 鎮廷〇
8-11/5-11/9-11

丹羽 孝希 0-3 チョン ヨンシク〇
10-12/6-11/6-11

荘 智淵 1-3 吉村 真晴〇
11-4/9-11/8-11/3-11

文:ラリーズ編集部