畑岡奈紗、山口すず夏、新垣比菜、日本の若き力が現役最強女王に挑む!

 日本のエース・畑岡奈紗にとってシーズン2戦目となる今大会。さらに同世代の日本勢からは、大型ルーキーの山口すず夏、国内ツアー1勝の新垣比菜も出場!そんな日本の若き力の前に立ちはだかるのは、現役最強の女王アリヤ・ジュタヌガーン。母国・タイで悲願の勝利を飾るのかも注目だ。

・合わせて読みたい→
「女性版タイガー・ウッズ」が語る 畑岡奈紗のポテンシャル(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nasahataoka-move-at-high-speed-05/)

 会場はタイ有数のリゾート地パタヤに位置するサイアムCC。パタヤ・オールド・コース。和泉一介が設計した40年以上の歴史を誇る名門コースで、2006年の改修でフェアウェイやグリーン、バンカーのデザインも大きく変更され、2007年からこの大会のホストコースとして使用されている。山間部を切り開いて造られたコースは、フェアウェイに風が吹き抜ける。高い気温と湿度の中、点在する多くの池を避け、いかに攻略するかが勝敗を分ける。

春のアジア・オセアニアシリーズもいよいよ終盤戦!

以下、試合前の一問一答。

■畑岡奈紗

 

(c)GettyImages

 

 

Q.このコースは2度目ですが、コースの印象をお願いします。
「すごくきれいなコースなのですが、一昨年に出させていただいた時と比べて、月曜日・火曜日と練習ラウンドをしてみて、グリーンが結構固い印象です。アンジュレーションも結構ありますし、グリーン上が大事になってくるかな、と思います」

Q.芝の種類が普段あまり聞かない種類だと思うのですが、タッチなどはいかがですか?
「見た目もそうなのですがグリーンも早いですし、芝目もあります。特に下りの順目には気を付けていきたいと思います。ラフも長くて、特にグリーン周りのラフはボールが浮いていたり沈んでいたりすると思います」

Q.今シーズン2戦目ということで、開幕戦から時間が空きましたが、開幕戦の時にパターのタッチがあってきた、と話されていましたが、この1か月間で何か修正されたことはありますか?
「初戦はショットもパットもなかなか思うようにいかず、特にパッティングが思うようなストロークが出来ませんでした。ですが、日本に帰って、アドレスの確認などをイチからできた1か月でした」

Q.去年から今年にかけて、クラブセッティングなどで変更された点はありますか?
「オフの間に何度かシャフトのテストをしたり、クラブのヘッドも新しくなりました。開幕戦の時と今週では、ドライバーと3番ウッドが変わっているので、新しいモデルで挑戦してみたいな、と思います。ドライバーは初めて試合で使うのですが、数値で見るとボールの初速が上がったりしていて、すごく感覚がいいです」

Q.4月に控えるメジャー初戦に向けて、今週の大会からどのような感覚をつかんでいきたいと考えていますか?
「ANA(インスピレーション)まで試合数自体は少ないので、試合の中で、ボールの打ち分けなどが大事になってくると思います。メジャーになるとグリーンの固さもあってスピードも出てくるので、どちらかというとフェード系でスピンの多いボールで攻めていかないといけないんじゃないか、という話をキャディと話しながら練習もしていますし、それを試合で試していけるようにしたいです」

Q.今大会への意気込みをお願いします。
「今週は大好きなタイなので、優勝目指して頑張りたいです!」

■山口すず夏

 

(c)GettyImages

 

Q.先週のオーストラリアからタイに来られて、コンディションなどはいかがですか?
「アデレードからタイに来る際に腰を痛めてしまって、月曜日は畑岡選手と練習ラウンドさせていただく予定だったのですけれど、大事を取ってその日は全く練習せず休みました。昨日は練習ラウンドが出来ましたし、だんだん体の状態もよくなってきているので、何とか間に合ってよかったです。1月から飛行機での移動が多かったので、疲れも多少あるのかな、と思いますけど、今は大丈夫です!」

Q.プロとして畑岡選手と同じ大会に出るのは初めてですが、そのあたりはいかがでしょう?
「そうですね、ジュニアの頃から一緒にやってきた人で、今はすごく上の存在になっているので、奈紗ちゃんと同じところで戦える、というのはすごく楽しみですし、自分も早く追いつけるように頑張りたいです!」

Q.畑岡選手と何か話されましたか?
「朝バスで一緒だったのですが、ホテルの近くに大きなモールがあって、そこはどうでした?とか、そんな話をしました」

Q.今大会のコースの印象はいかがですか?
「距離自体はそんなにないのですが、グリーン周りが横幅が狭くてすごく難しいので、正確なアイアンショットが求められるな、と思いました」

Q.後半の9ホールの中で、キーとなるホールはありますか?
「最後の16番・17番・18番は結構難しいかな、と思います。16番パー3はグリーンは大きいけれど結構長めなので、しっかりパーを取っていきたいです。17番は池も絡んでいますし、グリーンの形状も結構難しいので、18番もですが、ボギーを打たないようにしていきたいな、と思います」

Q.今大会は予選落ちがなく4日間戦うことになりますが、今大会の目標をお願いします。
「先週より気温も暑くなってくると思うので、体調管理にしっかり気を付けて、なるべく上位でフィニッシュできるように頑張りたいです」

Q.ちなみにタイ料理では何がおいしかったですか?
「ホテルの近くのタイ料理屋さんで食べたトムヤムクンとかは美味しかったです!イナゴも食べました、というか食べさせられました(笑)。味は普通でしたね。」

■新垣比菜

 

(c)GettyImages

 

Q.冷たい強い風と、固いグリーンのオーストラリア、というイメージだったと思いますが、温かいタイに来て印象はいかがですか?
「そうですね、すごく暑いです」

Q.コースの印象はいかがですか?
「すごくきれいなコースで、バンカーがたくさんありますね。オーストラリアは固かったんですが、こっちは柔らかめなので、まだ日本と似ているかな、という感じです」

Q.後半9ホールで、上りのホールなどは難しいと思いますが、そのあたりはいかがですか?
「最終18番ホールのグリーンなどは、すごく傾斜があって難しい印象です」

Q.18番ホールはどうやって攻略していこう、というイメージはありますか?
「2オンを狙えるときもあると思うので、その時はしっかり2オンを狙ってバーディを取れればいいな、と思います。でも、グリーン奥にピンがあるときは、計算してしっかり打たないといけないと思います」

Q.オーストラリアで課題となったポイントなど、練習されてみての感覚はいかがですか?
「パッティングもだんだん良くなっている感じがするので、今週は頑張りたいです」

Q.新垣選手の今シーズンの目標は?
「3月に国内ツアーの開幕戦が地元・沖縄であるので、そこで優勝を目指したいのと、複数回優勝することが目標です!長期的には、賞金ランキングでトップ10に入りたいです!」

Q.改めて、今大会への意気込みをお願いします!
「とても暑いので、水分をしっかり取ってバテないようにするのが一番大事かな、と思います。そこを意識して4日間アンダーで回れるように頑張ります!」

■上原彩子

Q.タイに来ての印象は?
「暑いです(笑)。例年暑いんですけれど、今年は寒かったので、久しぶりに『やっぱりこの暑さだな』という感じです」

Q.現在の調子はいかがですか?
「調子自体はまあまあだと思うので、明日から頑張りたいです」

Q.風がネックになってくるコースだと思いますが、いかがでしょうか?
「風も多少はあるのかな、と思いますがそこまで風が強い、というイメージはないです」

Q.気を付けたいな、という点はどのあたりですか?
「グリーンの目は強いので、グリーンに対してのセカンドショットも大事になってきますし、ロングパットにしてもショートパットにしても、リーディングは難しいですしタッチ感出すのも難しいと思うので、その辺がポイントになるのかな、と思います」

Q.18番パー5はバーディが取れそうで取りにくいホールかな、と思いますが。
「そうですね、18番はすごくジャッジが難しいホールだと思いますし、グリーン奥にピンが切られていても縦の距離感が合わないとチャンスに持っていけないです。逆にキャリーが足りなければグリーンから外れてしまうくらい傾斜が強いので、縦の距離感は大事になってくると思います。チャンスがあれば2オンも狙っていけるホールだとは思うので、そこでしっかりバーディを取っていきたいです」

Q.今週の目標をお願いします。
「上だけ見て頑張りたいと思います!」

[文/構成:ココカラネクスト編集部、取材協力:WOWOW]

◆◆◆WOWOW LPGA 放送スケジュール◆◆◆
<第4戦/タイ>ホンダLPGAタイランド
【放送情報】
第1日 2/21(木)午後3:00[WOWOWライブ]生中継
第2日 2/22(金)午後3:00[WOWOWライブ]生中継
第3日 2/23(土)午後1:30[WOWOWライブ]生中継
最終日 2/24(日)午後1:30[WOWOWライブ]生中継
※WOWOWメンバーズオンデマンドにてライブ配信あり

【出場注目選手】
畑岡奈紗、上原彩子、山口すず夏、新垣比菜、アリヤ・ジュタヌガーン、パク・ソンヒョン、レクシー・トンプソン、ブルック・ヘンダーソン、リディア・コ

【解説/実況】
解説:東尾理子/実況:野瀬正夫

★その日のハイライトやスーパーショットなどを全日程お届けしている番組「LPGAデイリーゴルフニュース」を始め、選手のプライベートに迫るコーナー「Tee Up & Tea Time」、トップ選手たちの情報を分かりやすくお届けする「LPGA Player’s Guide」、そしてゴルフプレーヤーの役に立つ、解説者による「SWING CHECK」など、LPGA女子ゴルフツアーをより一層お楽しみいただける、ゴルフファン必見の企画を多数お届け!
★ツアーの見所やスイング解説などの動画コンテンツと、充実のラインナップのWOWOWオンライン(https://www.wowow.co.jp/sports/lpga/)「LPGA女子ゴルフツアー公式サイト」、新情報は「WOWOWゴルフ 公式ツイッターアカウント」 @wowowgolf でチェック!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆