フォルクスワーゲン(Volkswagen)は2月18日、『T2』のキャンピングカーを、「レゴブロック」で再現した実物大モデルを発表した。

この実物大モデルは、ドイツ・ミュンヘンで2月20日に開幕するf.re.eレジャー&トラベルフェアに合わせて、製作されたものだ。1967年から1971年にかけて生産され、世界的に有名なキャンピングカー、T2のキャンピングカーをモチーフにしている。

実物大モデルには、レゴブロック40万個が使用された。総重量は700kgに達する。全長は5000mm以上、全幅はおよそ1900mm、全高はおよそ2000mm。キャンピングカーならではのポップアップルーフも表現されており、屋根を上げると全高はおよそ3000mmに届く。

世界で十数名しかいないレゴ認定プロビルダーのひとち、Rene Hoffmeister氏が中心になって、製作を担当した。3D画像を使用して、必要なレゴブロックの正確な数を計算した、としている。

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様

VW T2 のキャンピングカーの実物大レゴブロック仕様